「笹」の英語「Sasa」で通じる?ネイティブに伝える方法とは?

カテゴリ「英単語
2021.11.03
笹

この記事は約 3 分で読めます。

笹は海外の方から見ても、

日本や中国のものとイメージがあるだけあって

私たちには身近ですよね。

笹は
・七夕の飾りつけ
・パンダが食べる
植物よね。
サクヤ
サクヤ
ソウマ
ソウマ
いや、
実は笹という
名前の植物は
存在しないんだ。
えっ!?
どういうこと?
サクヤ
サクヤ

今回はこういった謎も含めて、

何種類かある英語でのニュアンスの違いなどを

紹介していきたいと思います。

「笹(ささ)」の英語は?

英語

笹の英語は

①「Sasa」

②「Bamboo grass」

③「Broadleaf bamboo」

④「Bamboo leaves」

と4種類もあるので、

それぞれ解説していきたいと思います。

 

①「Sasa」

(発音 ササ)

日本だけの植物ではないのですが、

日本的なイメージがあるためか

「海外でも和名のsasa」と呼ばれています。

 

なので、そのままでも通じるのですが

知らない方には正式な英単語で伝えましょう。

 

②「Bamboo grass」

(発音 バンブー グラス)

(発音 b`æmbúː grˈæs)

「Bamboo(笹・竹)」が「grass(草)」とを合わせて

「笹」という意味になります。

 

「Bamboo」だけでも良いのですが、

植物であることを強調したほうが確実に伝わるので

残りの表現も見ていきましょう。

 

③「Broadleaf bamboo」

(発音 ブロードリーフ バンブー)

(発音 brˈɔːdlíːf b`æmbú)

Broadleafは「幅の広い葉」を意味します。

 

Bambooと合わせて

「幅の広い葉の笹」となります。

 

やはり葉っぱのイメージが強いので、

こういった表現で笹となるんですね。

 

④「Bamboo leaves」

(発音 バンブー リーフズ)

(発音 b`æmbú líːvz)

Leavesは「葉っぱ」なので、直訳は

「笹の葉」になります。

「笹(ささ)」って何?

sasa

笹はイネ科タケ亜科に属している植物で、

その茎にあたる部分を包んでいる葉鞘が

枯れるときまで残る種類の総称です。

 

原産地は日本や中国などのアジアで、

日本固有種も多く、

さらに地域ごとの変異種が多くあります。

 

笹も花を咲かせますが

決まった周期で開花するわけではなく、

60年から120年の間で咲くらしい

程度しかわかっておらず、謎に包まれています。

 

また、笹が花を咲かせると枯れてしまうので、

「不吉なことの前触れ」

という言い伝えもあります。

 

さらに、笹は竹とよく混同されています。

 

竹は笹と違って、

葉鞘が早く落ちてしまうものを言います。

 

見た目で分かりづらい上に、

和名のササ、タケは

必ずしもそれぞれの分類と名前が

一致しているわけではないので、

非常にやっかいです。

 

つまり、そもそも笹という名前の植物はなく、

「○○笹という植物の総称」なのです。

 

非常に多くの種類が存在し、学名で分類すると

Pleioblastus

Arundinaria

Sasamorpha

Pseudosasa

などがあります。

 

そのため、例えばメダケという種類の竹は、

Pleioblastus simoniiとなります。

 

以上のように見てきましたが、ひとまず

「bamboo grass・sasa」

で通じます。

 

せっかくなので日本的なものとして

sasaの方を使ってもいいかもしれませんね。

この記事を書いた人

サクヤ&ソウマ
サクヤ&ソウマ
海外赴任の経験を活かして英語サイトを運営しています。皆さんから「面白かった!分かりやすかった!」などのコメントを多くもらい、毎回喜んでいる単純な2人組です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ