「分析する」の英語は4つ!?ニュアンスの違いも解説!

カテゴリ「英単語
2021.10.16

この記事は約 3 分で読めます。

今回ご紹介する英語は「分析する」です。

 

日常生活では使わないかもしれませんが、

推理小説などで

「鑑識官が分析した結果、犯人に繋がった。」

などの文章が出てくることも。

分析は…
「アナライズ」
だったかしら。
サクヤ
サクヤ
ソウマ
ソウマ
それも
正解だが…
ニュアンスに
よっては
4種類あるぞ。

なっ!?
そんなに
覚えれないわ。
じゃあ
見てみましょう。
サクヤ
サクヤ

「分析する」の英語は?

「分析する」という英語は

①「break down」

②「diagnose」

③「analyze」

④「cryptanalyze」

という4つの表現があります。

 

4つもあると、ネイティブが

どれをどうやって使っているのかも

重要ですよね。

 

では、それぞれのニュアンスの違いも

解説していきたいと思います。

「分析する」のニュアンスの違いは?

①「break down」

英語

では、まず始めに「break down」

 

この英単語は、

「破壊する」などでよく聞きます。

 

しかし他にも、

「分類する」「化学変化を起こす」

「資料などの分析や分解」

などの意味にも使われています。

 

②「diagnose」

analyze

次に「diagnose」は

「病気などを診断する」

という意味を持つ英単語です。

 

そういったニュアンスでの

「原因を突き止める」「分析する」

という使い方ができます。

 

③「analyze」

英語

「analyze」が

ネイティブが一般的に使う分析する

の英語といえるでしょう。

 

「He analyzed a past record and did it.

And he updated the best time.」

(彼はこれまでの記録を分析して、

ベストタイムを更新した。)

のようにどんな分析するにも使えます。

 

また、

発音記号:ænəlὰɪz

カタカナ読み:アナァラァィズ

と言った発音になります。

 

④「cryptanalyze」

意味

「cryptanalyze」は

「(暗号などを)解析する、解読する」

という意味で使われます。

 

つまり、謎の解読のようなニュアンスの

「分析する」という意味で使われます。

 

どうでしたか?

何を分析するかで

ピッタリくる表現がありますが、

基本的には「analyze」を

覚えておけば問題はないでしょう。

この記事を書いた人

サクヤ&ソウマ
サクヤ&ソウマ
海外赴任の経験を活かして英語サイトを運営しています。皆さんから「面白かった!分かりやすかった!」などのコメントを多くもらい、毎回喜んでいる単純な2人組です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ