「入金額」の英語は4つ!?ニュアンスの違いも解説!

カテゴリ「英単語
2021.10.04
入金金額

この記事は約 3 分で読めます。

今回紹介する英語は

「入金額」という言葉です。

 

海外でも

「このプリペードカードの入金額は?」

「初回の入金額は$10になります。」

など、何かを購入したときやビジネスなど

頻繁に使われます。

入金。。。
ゲットマネー
とかでしょ!
サクヤ
サクヤ
ソウマ
ソウマ
そんなわけ
ないだろ。
しかも4種類程の
表現方法が
あるんだ。
なっ!?
覚えれそうに
ないけど…
教えて下さい。
サクヤ
サクヤ

では、さっそく見ていきましょう。

「入金額」の英語は?

「入金額」の英語は

①「name a price」

②「amount paid」

③「deposit amount」

④「receipt amount」

と、たくさんあります。

 

これだけあると、

どれをどのようなシチュエーションで

使ったらいいか迷いますよね。

 

では、そのニュアンスの違いを

見ていきたいと思います。

①「name a price」

値段

まず、はじめの「name a price」は

“値段を指定する”

という意味の単語です。

 

「オークションなどで値を付ける」

というようなときに使われています。

 

かなり特殊な入金額ですが

海外では値引きなどが当たり前の世界、

覚えておいて損はない英語です。

 

②「amount paid」

入金額

次に「amount paid」は

「支払った金額、支払額」

という意味があり、

「入金額」という意味でもよく使われます。

 

同様に、“paid in amount”でも

「払込金額」という意味で、

「入金額」としても使われます。

 

③「deposit amount」

クレジットカード

発音記号:dɪpάzɪt əmáunt

カタカナ読み:ディポォズィトゥ アマァゥントゥ

 

これは私たちが使う「入金額」に

最も近い意味を持つ英語と言えるでしょう。

 

depositは入金、預金、保管

amountには量、価格、額

という意味を持っており、

「入金の際の入金額」

という意味で使われています。

 

例えば、

「The deposit amount of the prepaid card is $ 10.」

(プリペードカードの入金額は$10です。)

「A certificate of the deposit amount.」

(入金額の証明書です。)

などと使えます。

 

④「receipt amount」

レシート

最後の「receipt amount」は、

「受取済みの金額」

という言う意味で使われます。

 

receiptは領収書、受付、受領の意味を持ち、

「手形での入金額」

というときなどに使われています。

 

いわゆるレシートなので、

覚えておきたい英語ではあります。

 

どうでしたか?

基本的には「deposit amount」を

覚えておけば問題ないです。

 

ただ、今回の英語は使える英語ばかりなので、

できれば全部覚えておきましょう。

この記事を書いた人

サクヤ&ソウマ
サクヤ&ソウマ
海外赴任の経験を活かして英語サイトを運営しています。皆さんから「面白かった!分かりやすかった!」などのコメントを多くもらい、毎回喜んでいる単純な2人組です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ