「サイズを測る」の英語は4つ!?ニュアンスの違いも解説!

カテゴリ「英単語
2021.10.03
サイズを測る

この記事は約 3 分で読めます。

今回紹介する英語は

「サイズを測る」です。

これは簡単ね!
私でも分かるわ!
サクヤ
サクヤ
ソウマ
ソウマ
今回は
サイズの種類で
大きさ・寸法
長さ・重さ
で英語も変わるな。
なっ!?
そういえば
日本語でも
『はかる』
って漢字たくさん
あったわね…
サクヤ
サクヤ

ということで今回は、

『はかる』と言う漢字から

どんな英単語が出てくるか見ましょう。

「サイズを測る」の英語は?

この英単語としては

①『measure』

②『sound』

③『weigh』

④『take』

と4つの表現方法があります。

 

では、これらのニュアンスの違いを

見ていきましょう。

「サイズを測る」の英語ニュアンスの違いは?

①『measure【méʒɚ】』

英語

私が真っ先に頭に浮かぶのが、

『ウエスト』です。

 

『ウエストを測る』と言うことは、

お腹や腰の周り、つまり

『長さを測る』と言うことになります。

 

英語では測定する・寸法を取る

の様に動詞として使います。

◎I‘m afraid I measure my waist. 

(ウエストを測るのが怖い。)

◎Measure my waist for a new skirt.

(新しいスカートを新調したいので、ウエストを測ってください。)

の様に使えますね。

 

ウエストはメジャーで測定できる長さですが、

『地球の円周』のような

とてつもない距離を測ると言う場合でも、

やはり『measure』を使います。

◎Is there a way to measure the circumference of the Earth?

(地球の円周を測る方法はありますか?) 

 

②『sound』

測る

同じ『測る』でも、

長さではなく深さもあります。

 

深さを測るには

『measure』も使えますが、

『sound』と言う単語も使えます。

 

Soundと言うと、

名詞では『音』『響き』を意味します。

 

動詞では『音が鳴る』『思われる』

がよく耳にする意味だと思います。

 

ですが、海の深さを測る、つまり

『水深を測る』という意味でも使われます。

◎I hove sounded the depth of the pool.

(そのプールの水深を測ったことがある。)

のような、文章になります。

 

③『weigh』

量る

『長さ』とくれば、『重さ』ですね。

 

『重さ』は日本語でも

『測る』ではなく

『量る』を使いますよね。

 

英語の重さを量るも、

『measure』ではなく『weigh』を使います。

◎I weigh myself on the scale every morning.

(私は毎朝体重を量ります。)

◎They weigh 30kg.

(重さは30キログラムある。)

◎How much does the dog weigh?

(その犬の重さは、どれくらいですか?)

とこんな風に使います。

 

④『take』

計る

最後の『はかる』は、『計る』です。

 

身近な『計る』には、

『体温を計る』『時間を計る』『計画を計る』

があります。

 

今回の中でサイズとは

一番遠ざかってしまったかもしれませんが、

このフレーズを使って例文を作ると

◎You look pale. Why don’t you take your temperature?

(顔色が悪いわ。熱を計ってみたら?)

とこんな風になります。

 

どうでしたか?

日本語の漢字が沢山あるように

英語でも沢山の表現がありましたね。

 

ネイティブに正しく意味を

理解してもらえるよう、

様々な『はかる』を覚えて下さいね。

この記事を書いた人

サクヤ&ソウマ
サクヤ&ソウマ
海外赴任の経験を活かして英語サイトを運営しています。皆さんから「面白かった!分かりやすかった!」などのコメントを多くもらい、毎回喜んでいる単純な2人組です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ