「暴れる」の英語は4つ!?ネイティブが使うのはどれ?

カテゴリ「日常会話
2021.09.21
暴れる

この記事は約 3 分で読めます。

今回紹介する英語は

・知らない人が暴れている

・子供が暴れている

など、色々なシチュエーションが想像できる

「暴れる」という言葉。

答えは、
アタックよ!
(Attack)
サクヤ
サクヤ
ソウマ
ソウマ
それは
「攻撃する」
「襲う」
だから、
微妙に違うぞ。
なっ!?
まあ…
ニュアンスに
よっては正解よ。
サクヤ
サクヤ

そもそも今回の

英語の表現方法は何種類もあります。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

「暴れる」の英語は?

「暴れる」を表す英語は、

①「out of control」

②「act up」

③「carry on」

④「be excited」

になります。

 

では、これらの表現は

どのように異なっているのでしょうか?

 

一つずつ簡単に説明していきますので、

見ていきましょう。

「暴れる」のネイティブの英語表現方法は?

①「out of control」

(άʊt  (ə)v kəntrˈəʊl)

これは、

「怒りをこらえられず悪い振る舞いをする」

のようなニュアンスを含んでいます。

 

自分の心情を抑えきれず(out of control)

当たり散らかしてしまう。

このような状況に用いることが出来る表現です。

 

例) My friend too much to drink and completely got out of control.

私の友人はお酒をたくさん飲んだため、完全に暴れ狂っていた。

 

また、その他の用法として、

機械等の制御ができない場合にも使えます。

例) The economy is out of control.

経済は全く制御ができない。

 

②「act up」

(ˈækt ˈʌp)

「act up」は主に

気まま、わがまま等の気分で用います。

 

ここでのニュアンスは

「気の向くまま一時的に暴れる」

ような時に使用されています。

例) Lily started acting up at the supermarket.

リリーはスーパーマーケットで暴れ始めた

 

また、

「act up」も「out of control」と同じで、

機械や体が思うように動かない

という意味合いでも使えます。

例) My legs were acting up.

私の足は思うように動かなかった(ケガをしているため)

 

③「carry on」

英語

(kˈæri ɑn )

「carry on 」は物事全般に対して

用いることが出来ます。

 

これは

「制御できない動き、迷惑な行為をしている」

というニュアンスを持っています。

例) Why are you carrying on ?

なんでそんなに暴れているの?

 

ちなみに、「carry on 」の用法として

「動作を続ける」というものもあります。

 

④「be excited」

興奮

「excited」は基本的に

形容詞として使われますが、

文章にする場合

「be動詞+excited」と使います。

 

これは今までとは違い、

「楽しくて暴れる・興奮している」

と言ったニュアンスとなります。

例) I’m excited I stand!

(興奮しすぎて立ち上がったわ!)

 

また、

「I can’t wait」(待ちきれないわ)

で暴れそうな気持ちを表現したりもできますよ。

 

どうでしたか?

「暴れる」と聞くだけ日本語で

多くのシチュエーションが想像できるように、

英語も様々な表現方法があります。

 

まずは自分の使いそうなものだけでも

覚えてみて下さいね。

この記事を書いた人

サクヤ&ソウマ
サクヤ&ソウマ
海外赴任の経験を活かして英語サイトを運営しています。皆さんから「面白かった!分かりやすかった!」などのコメントを多くもらい、毎回喜んでいる単純な2人組です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ