「欠席する」の英語は3つ!?ネイティブが使うのはどれ?

カテゴリ「日常会話 仕事
2021.09.12
欠席する

この記事は約 3 分で読めます。

今回紹介する英語は

「欠席する」と言う日常会話だけでなく

ビジネスシーンでも多く使われる言葉です。

急に風邪で
欠席したい
とかよくあるから
必ず覚えて
おかないとね。
サクヤ
サクヤ
ソウマ
ソウマ
お前は半分は
風邪じゃなく
サボりだけどね。
なっ!?
ばれてる…
サクヤ
サクヤ

やはり、

今日は風邪をで学校を欠席します。

体調が悪いので会議を欠席します。

このような会話で

英語が必要なことは必ずあるでしょう。

 

そこで今回は「欠席する」という

英語を解説していきたいと思います。

「欠席する」の英語は?

「欠席する」を意味する英語は

①「be absent from」

②「take a day off」

③「skip」

などがあげられます。

 

これらは欠席する状況に応じて

使い分けが必要となります。

 

それではここから、

理由は期間などの説明方法も含めながら

それぞれの使い方を簡単に

説明していきたいと思います。

「欠席する」の英語は?

①「be absent from」

absent

「be absent from」というフレーズは

from ~で、~を欠席する

という意味を表します。

I’m absent from work

(仕事を欠席する)

 

また、仕事や学校だけでなく、

試合、パーティー、イベントに欠席する

という幅広い使用が可能となります。

 

ただし、「be absent from」は、

「急な出来事が理由で欠席してしまう」

というニュアンスを持っています。

 

ただ、通常であれば、

相手に伝える時欠席する理由も述べますよね。

I will be absent from work today due to sickness.

(今日は体調が悪いので仕事を欠席します)

I caught a flu, so I’ll be absent from work for 5 days.

(インフルエンザに感染した為、5日休みます)

 

このように、

「due to 」は原因・理由を述べる時

「because, so」 も原因を含める時

「for」を用いて欠席する期間

などを示すこともできます。

 

②「take a day off」

英語

先ほどとは違い、

「前から用事があり休みを取る」

と言うニュアンスの欠席を伝えたい時、

このイディオムを使うといいでしょう。

I will go to a concert tonight, so I took a day off.

(今夜コンサートに行く予定だから、休みを取りました。)

 

このように「今日は仕事がない」

と伝えたい場合には、

「day off」を用いるのが一般的です。

 

③「skip」

ずる休み

最後は仲の良い友人や家族とで使用される

砕けた表現になります。

 

授業を故意に休んだ場合等も、

「skip」を用いると良いでしょう。

I want to skip today’s English class.

(私は今日の英語の授業をさぼりたい)

 

どうでしたか?

最低でも「be absent from」は

覚えておくと良いと思います。

 

ニュアンスの違いはあるにしても、

他の言い方を忘れてしまったら

ひとまずこのフレーズで問題ないです。

◇CHECK!

英語:be absent from

発音記号: bi; ˈæbsnt frəm;

カタカナ読み:ビー・アブセント・フロム

 

それではこの英語はここまでで、

また違う語句で会いましょう!

この記事を書いた人

サクヤ&ソウマ
サクヤ&ソウマ
海外赴任の経験を活かして英語サイトを運営しています。皆さんから「面白かった!分かりやすかった!」などのコメントを多くもらい、毎回喜んでいる単純な2人組です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ