「山菜」の英語が無い!?ネイティブに伝わる3つの表現を解説!

カテゴリ「英単語 食べ物
2021.05.19
山菜

この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は『山菜』です。

 

日本には

『山野に自生し食用とする植物』

を山菜で表現していますよね。

 

あまりにも当たり前な言葉なので

驚きなのですが、実は英語には

『山菜と言う概念が無い』

というのです。

 

では、ネイティブに

山菜と言うにはどうすれば良いのか?

解説していきたいと思います。

「山菜」を表現する3つの英語は?

懸念がある

では、早速見て行きましょう。

実際のところ、

そんなに難しく考える必要はありません。

①「mountain vegetable」

(山に生えている野菜)

②「wild vegetable」

(野生の野菜)

どちらも直訳になりますが、

栽培しているわけではなく

自生しているニュアンスを伝われば良いので、

こんな風に表現すると良いですね。

 

また、

『野菜』と言う概念が合わないと思う方は

『植物』と言う単語で表してみると

③「edible wild plants」

(食べられる野生の植物)

edible【édəbl】は

「食べられる・食用に適する」

と言う少し難しい単語ですが、

これで表現出来ます。

「代表的な山菜6種」の英語は?

フキノトウ

では、例えばこの「フキノトウ」などと

山菜が具体的に分かっている場合、

他にもワラビ、ゼンマイ、ナメコ、

キクラゲ、タケノコ、色々ありますが

代表的な山菜も紹介していきましょう。

①「flower shoots of butterbur」

(フキノトウ)

butterburは「西洋フキ」のことです。

その花の新芽と言うことですね。

 

②「bracken shoots」

蕨(ワラビ)

shootは「撃つ・発射する」などの意味を

思い浮かべてしまいますが、

ここでは名詞で「新芽・若枝」と訳します。
 
 

③「flowering Fern」

薇(ゼンマイ)

fernは英検1級以上の単語で

発音も難しいですが、

flowering「花開いた・花盛りの」と言う

形容詞と一緒になって、ゼンマイになります。

 

④「nameko mushroom」

(ナメコ)

直訳すると「ナメコ茸」ですね。

 

⑤「Wood ear mushroom」 

木耳(キクラゲ)

これは漢字の通りに英訳したものですが、

他にも

⑤-2「Jew’s ear mushroom」

⑤-3「Cloud ear mushroom」

と言うような表現があります。

いずれにしても、

「人間の耳の形をした」

と言う意味合いで使われています。

 

⑥「bamboo shoot」

筍(タケノコ)

bambooは「竹」ですね。

shoot(新芽・若枝)を付けることによって、

「竹の新芽」となります。

 

このように一つ一つを英語で表そうと思うと、

単語自体が難しい単語だったりします。

 

そんな時は、初めに紹介した

『mountain vegetable』と述べたうえで、

『This is called Warabi.』

『This is called Zenmai.』

と言うと、日本独特の山菜であることが

うまく伝わるかもしれませんね。

この記事を書いた人

サクヤ&ソウマ
サクヤ&ソウマ
海外赴任の経験を活かして英語サイトを運営しています。皆さんから「面白かった!分かりやすかった!」などのコメントを多くもらい、毎回喜んでいる単純な2人組です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ