「帰宅する」の3パターンの英語を解説!

カテゴリ「日常会話
2021.07.29
家に帰る

この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は『帰宅する』です。

 

この『帰宅する』は簡単そうに見えて、

実は日本語にはない

英語特有のニュアンスがあります。

 

今回はそんなネイティブの使い分けを

分かりやすく解説していきたいと思います。

「帰宅する」の3つの英語とは?

『帰宅する』は

①話者から遠ざかる

→出発する

②話者に近づいていく

→帰って来る

③目的地に到着する

→家に着く

と言うニュアンスの違いで

表現法が変わってきます。

 

これを見ただけでは

ピンとこないかもしれませんので、

例文と一緒に見て行きましょう。

「帰宅する」の英語使い方を解説!

①「出発する」

帰る

まず①に関しては、

相手から遠ざかるので

『go home』を使います。

 

go(行く)と言う意味を持っているので、

相手から離れていくイメージがあります。

 

例えば、友達の家に遊びに来ていて

そろそろ帰ろうと言うときに、

その友達に対して

◎I will go home.

(そろそろ帰るね。)となります。

そして、その際に家族に対して

電話で帰ることを報告する場合が②になります。

 

その他には、

◎Let’s go home.

(さあ、帰ろう。)

◎I went straight home yesterday.

(私は、昨日直帰した。)

などがあります。

 

②「帰って来る」

家庭を築く

②は相手に近づくので、

『come home』を使います。

 

comeは(来る)と訳しますね。

 

自宅にいる家族に電話して、

◎I will come home.

(今から家に帰るね。)となります。

◎My son will come back tomorrow.

(息子が明日帰ってくる予定です。)

◎My husband has not come back home.

(主人はまだ帰っていません。)

 

後ろ二つ例文は話者ではありませんが、

『自分以外の誰かが自宅に帰って来る』

と言うことなので、

来る=comeですね。

 

③「家に着く」

帰宅する

そして③に関しては①のように

家に向かって移動するのではなくて、

到着することに焦点が置かれているので

『get home』を使います。

 

getには様々な意味がありますが、

ここでは自動詞で

(ある場所に達する、到着する)

と言う意味で用いられます。

 

◎I got home late last night.

(私は昨夜遅く帰宅した。)

◎I will get home around 9 pm.

(9時ごろには家に着くだろう。)

◎When did you get home last night?

(昨夜は何時に帰宅した?)

となります。

 

①や②のように相手に近づいて行ったり、

遠ざかったりする感覚はありませんね。

 

どうでしたか。

日本での『帰宅する』と言う言葉に対して、

英語には様々なニュアンスがありました。

 

間違えて使用すると

ネイティブは混乱してしまいます。

 

それぞれの持つイメージをしっかり覚えて、

その場にあった適切な使い方が

出来ると良いですね。

この記事を書いた人

サクヤ&ソウマ
サクヤ&ソウマ
海外赴任の経験を活かして英語サイトを運営しています。皆さんから「面白かった!分かりやすかった!」などのコメントを多くもらい、毎回喜んでいる単純な2人組です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ