「水たまり」の英語は2つ!アメンボ・泥団子なども紹介!

カテゴリ「英単語 その他
2020.09.25
水溜まり

この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は『水たまり』です。

 

雨上がりには必ずと言っていいほど

見られる現象ですが、

英語ではどんな表現になるのでしょうか。

 

他にも水たまりと言えば!で連想できる

アメンボや泥団子などの英語も

簡単に紹介したいと思います。

「水たまり」の英語は?

①「puddle」【pˈʌdl】

水たまり

雨が降った後の水たまりと言うことで、

自然にできたと言うニュアンスが

強い単語になります。

 

英検1級以上のレベルの単語で、

発音も少し難しいですね。

 

『paddle』と言う似た単語がありますが、

「舟を漕ぐパドル」のことなので、

発音・綴り共に注意が必要です。

 

それでは、例文で確認してみましょう。

◎A boy is playing in a puddle happily.

「男の子が、水たまりで楽しそうに遊んでいる」

◎A girl jumped across the  big puddle.

「女の子が、大きな水たまりを飛び越した」

 

②「in a pool」

プール

プールと聞くと、

日本語では学校や公共施設にある

プールを想像しますよね?

 

しかし英語の「pool」には

他にも様々な意味を持っているんです。

①穴などに自然にできた水たまり
②人工的に作った小さな池
③川の水のよどみ

 
これら全てが「pool」で

表現されるんです。

それでは、今回の例文も見て行きましょう。

◎There was a pool of water on the park after the heavy rain.

「大雨の後、公園には水たまりが出来ていた」

◎Melted ice made a pool of water on the floor.

「床の上に溶けた氷で、水たまりが出来た」

 

このように「puddle」と違って、

雨などの自然による水たまりではなく

人工的に作られた水たまりを

表現することが出来ます。

 

せっかくなので、最後にに

『水たまりと来れば○○!』

のテーマの英語も2つ覚えておきましょう。

「泥団子」の英語は?

泥団子

まずは『泥団子』です。

大人にしてみれば、

雨は不快に感じるばかりですが、

子供たちにしてみれば

雨上がりならではの楽しみの一つです。

 

欧米でも泥団子を作る遊びは定番で、

泥は「mud」丸い形をしたものは「ball」

と表現できるので

『mud ball』

また、「dirt」(土・泥)を使うと、

『dirt ball』

でも表現できます。

 

◎The children are making a lot of mud bolls in the park after the rain.

「子供たちが雨上がりの公園で泥団子を作っています」

「アメンボ」の英語は?

アメンボ

最後は『アメンボ』です。

水たまりやプールで泳いでいるのを

よく見かけますね。

 

アメンボは

『water strider』『pond skater』

と言います。

 

前者は「またぐ・大股に歩く」の意味を持つ

「stride」の名詞で表したもので、

「水面を大股で歩く生き物」

と言うようなニュアンスです。

 

後者は

「池でスケートするもの」

と言ったニュアンスですね。

◎Many water strider are swimming a puddle.

「たくさんのアメンボが水たまりを泳いでいる。」

 

どうでしたか?

難しい単語もありますが、

身近な英語なので是非

使ってみてほしいと思います。

この記事を書いた人

サクヤ&ソウマ
サクヤ&ソウマ
海外赴任の経験を活かして英語サイトを運営しています。皆さんから「面白かった!分かりやすかった!」などのコメントを多くもらい、毎回喜んでいる単純な2人組です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ