「良い夜を」の英語は9つ!ネイティブの使い方を徹底解説!

カテゴリ「日常会話 挨拶
2020.03.14
2020.05.26

この記事は約 3 分で読めます。

 
日本では、夜のあいさつは

「こんばんは」「おやすみなさい」

ですよね。

 

場所や相手を問わず、

誰に対してもこの2フレーズが一般的です。

 

しかし、英語で行う挨拶は

相手、場面で使い分けるフレーズが分かれ、

ちょっと考えなくてはいけません。

 

今回はそんな使い分けがある

夜のあいさつ「良い夜を」

の英語を紹介していきます。

「良い夜を」の英語は9種類!?

英語
 
一般的によく使われている

夜のあいさつは

①「Good evening.」
②「Evening!」
③「Have a good night!」
④「Good night.」
⑥「Sleep well!」
⑥「Have a nice dream.」
⑦「Sweet dream.」
⑧「Dream of me.」
⑨「Nighty night!」

 
の9種類もあるんです。

 

表現方法が様々ですが

それぞれ使い方があります。

 

では、さっそく見ていきましょう。

「良い夜を」の英語の使い分けは?


 
9つもある「良い夜を」の英語を

さっそく見ていきましょう。

 

①「Good evening.」
 

 
「こんばんは」「良い夜ですね」

を表現するフレーズですね。

 

誰でも知っていて

言いやすいフレーズですが、

実はこの“Good evening.”

 

フォーマルでとてもかしこまった

言い方です。

 

ホテルマンがお客様に声をかけるときや、

ビジネスなどの社交的な場で

使われるフレーズなのです。

 

②「Evening!」
 

 
シンプルですが

友達同士や仲のいい同僚に対する

あいさつです。

 

“Evening!”の1単語だけでも

十分気持ちが伝わりますよ。

 

③「Have a good night!」
 

 
夜、出かける予定がある友達や同僚には

「素敵な夜を!」

と声をかけましょう。

 

日中であれば“Have a good day!”

「よい一日を過ごしてね!」

と声を掛けますよね。

 

夜にも同じく、声をかけましょう。

 

④「Good night.」
 

 
「おやすみなさい」

を言うときには

一般的なフレーズですね。

 

これは、シーンや相手を問わず

誰に対しても使えるフレーズです。

 

⑥「Sleep well!」
 

 
社会人になると

遅くまで残業をしたり

付き合いで飲みに行ったりすることで、

疲れてぐったりしている人もいます。

 

そんな相手にぴったしのフレーズです。

 

「しっかり体を休めて元気になって!」

という願いを込めて、

声をかけてあげてくださいね。

 

⑥「Have a nice dream.」
 

 
優しい言い方

「いい夢を見てね」

といった表現がこのフレーズです。

 

いい夢を見て楽しんでほしい、

癒されてほしい相手に使いましょう。

 

⑦「Sweet dream.」
 

 
家族の間で使われる「おやすみ」

となります。

 

返事言葉として

「You,too」

と返事しましょう。

 

⑧「Dream of me.」
 

 
「いい夢を見てね」「素敵な夢を」

「夢で私を見てね」

という意味ですが、家族や恋人などの

親密な関係の相手に使うことが多いです。

 

起きているときにデートをしても

まだ足りない、夢の中でも会いたい

というラブラブな恋人同士で

使うフレーズです。

 

⑨「Nighty night!」
 

 
小さい子どもに

「おやすみ~!」

と言うときに使うフレーズです。

 

家庭内で子どもをあやす時に

使うことが多いです。

 

どうでしたか。

シーンや相手によって

あいさつを使い分けるのは、

日本ではなかなか慣れないですね。

 

外国のお友達ができたときに

ぜひ夜のあいさつで使ってみてください。

この記事を書いた人

サクヤ&ソウマ
サクヤ&ソウマ
海外赴任の経験を活かして英語サイトを運営しています。皆さんから「面白かった!分かりやすかった!」などのコメントを多くもらい、毎回喜んでいる単純な2人組です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ