もみあげ&ルパン三世の英語は?カッコイイ発音方法とは?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は

「もみあげ」

です。

 

日常でさりげなく使用する

単語ですが意外と分からない。

 

日常会話で「もみあげ」

という言葉を使う頻度は

そこまで高くないですが、

急に出てくると何か分からないので

覚えておきましょう。
 

 
しかし、日本で

もみあげが似合う男と言えば、

ルパン三世です。

 

これはよく使いますよね。

 

今回はそんな

「もみあげ」「ルパン三世」の英語、発音

について紹介したいと思います。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

もみあげの英語と発音は?

もみあげの英語は

「Sideburn」

です。

 

側面のsideという単語が入っているので

覚えやすいと思います。

 

もみあげの発音記号は

「síde・bùrns」

これを日本人が発音すると、

「サイドボーン」と発音してしまいがちです。

 

「ド」発音せず

イッボーン」

という感じで発音しましょう。

 

また、通常は

sideburns

と複数形で使用するので注意が必要です。

 

ちなみに漢字では「揉み上げ」

と書きます、これも意外と知らないですね。
 

スポンサーリンク


ルパン三世の英語は?

もみあげと言われて思い浮かべるものは、

漫画、アニメ、映画、パチンコ・・・etc

と世間に広く知られている

「ルパン三世」ではないでしょうか?
 

 
ルパン三世は英語で

「Lupin the third」

といいます。

 

アニメや映画でも表記されているので、

注意深く見ている人は

知っているかもしれません。
 

 
気を付けなければいけない点として、

そのまま

Lupan(ルパン)

という書き方にはならず

Lupin(ルピン)

と書きます。

 

しかし、発音には注意を!

 

これはアメリカでも

「ルパン・ザ・サード」

とそのまま発音します。

 

以上がルパンともみあげの英語でした。

英語自体は全く関係ありませんでしたね(笑)

少しずつ単語力をあげて、

海外の方と色々な話が

できるようになると良いですね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ