「北極」の正式な英語、その由来とは!?「南極」の英語は?


この記事は約 3 分で読めます。

みなさんは海外の地名を

海外旅行に行く際に事前に調べて

行きますよね。
 

カナダやアメリカ、ロシアまでは

旅行として行く方が多いですが、

そのさらに北側「北極」に行った事ある方

英語で「北極」を聞いたことある方

はいるでしょうか。
 

今回はそんな

「北極」の英語、発音、例文

について紹介していきます。
 

この単語レベルは、

  • 大体英検2級レベル
  • TOEIC 600〜700点レベル

このレベルは、ゆっくり話してもらえれば

コミュニケーションが取れるレベルです。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「北極」の正式な英語は?

北極に関する単語として

「北極点:the north pole」

がという単語があり、

最北点の一箇所を指す言葉です。
 

通常、北という表現を耳にすると 

「Northern 〜」

という表現を思い浮かべますが、

元々、日本の歴史上には、

長らく北極、南極を知らなかった為

名前自体ありませんでした。
 

その時にヨーロッパからの

知識や概念を利用し生み出された言葉が

「 north ( 北 ) pole ( 極 ) 」

です。
 

 

これも通じるとは思いますが、

正式な北極の英語としては

「the arctic」

発音記号:a’;rktik

読み:アー(ル)クティク

と表現します。
 

この単語は、

ギリシャ語「arktos」

(北斗七星、大熊座)

という言葉から来ています。
 

 
英語では「北斗七星」は

「great bear」と表現します。
 

逆に南極は、

反対を意味する接頭辞( ant )を付けます。

  • The Antarctic:南極 (地方)
  • Antarctic:南極の

これは、「anti-arctic」

ということで簡単ですよね。
 

一つの単語を学ぶと同時に

対義語や類義語も合わせて覚えてしまうと

いざという時に、覚えやすくなります。

スポンサーリンク


「北極」のネイティブの発音方法は?

発音をよりネイティブに

近づけたい方は極力カタカナで

覚える癖をやめ発音記号を

随時確認し発声することで

より本物の英語の発音に

近づける近道となります。
 

折角単語を覚えて使えても

伝わらなければ、勿体ないですね!
 

是非、この機会に始めてみて下さい。
 

発音の注意点

“ r ”と“ l ”の違いに苦戦します。
 

“ r ”は舌の先を内側に巻いて、

口内のどこにも触れずに

“ア”と“ル”の間のような音を

出す意識をしながら発声することが

発音向上の近道となります。
 

次に、“ a’; ”という発音ですが、

「;」のある場所は、

長く引っ張り発音します。
 

「a’:」は、口を大きくあけて

口内の奥の方から

「 アー 」と長めに発声します。
 

「北極」の英語例文は?


 

  1. He just reached the arctic.
  2. 彼はちょうど北極に到着した。

  3. Actually white bears of Arctic regions
  4. aren’t white in the fact.

    北極熊は実は白ではない。

  5. They are on their way to go to an Arctic expedition.
  6. 彼らは北極探検に行く途中です。

  7. It’s so cold today like the airctic.
  8. 北極のように今日は寒いね。


最後の例文は

日本語でもそうですが

と表現することは少ないですよね。
 

普段なら、

  • 「凍えそう!」= It’s freezing!!
  • 「寒さで死にそう…」=I’m freezing to death…

などが日常では

使用されていると思います。
 

ですので、

北極のようになんて表現をできる方は

ネイティブの方ともある程度

会話ができるレベルの人。
 

TOEIC 600〜700点レベル

転職を考えている人は

必ずクリアするべき点数ですね。
 

この機会に別の表現も増やして、

自分の気持ちや表現語彙を

どんどん増やしてみて下さいね!
 

この記事をきっかけに一人でも多くの方が

一つの単語から別の単語をも取得し、

発音を意識し、

よりネイティブに近い英語力をマスターして

頂ければと思います。
 

それでは、今日から始めてみましょう!
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ