「not always」徹底解説!その英語意味や発音、例文も紹介!


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語のフレーズは

「not always」です。
 

「not」が含まれているため

否定的な意味をイメージしている人

多いと思います。
 

英語検定3級以上

TOEIC220点以上

レベルの単語なのでがんばって覚えて下さい。
 

今回はそんな

「not always」の意味や発音、例文

についてまとめました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「not always」の英語の意味は?

「not always」の意味は、

「いつも~とは限らない」

です。
 

「always」は「いつも」という意味の副詞ですが、

「not」を加えたからといって

「いつも~ではない」

と全部を否定した意味にはなりません。
 

「いつもは~とは限らない」

という部分的な否定です。

 
これを

「部分否定」

と呼びます。
 

 
対称的に

「全部を否定」

する場合は、「no」を使用します。
 

※「no always」という言い方はありませんが、

「not … at all」の形で使うことができます。
 

「否定の種類」

  • 部分否定「not ~」:~とは限らない
  • 全部否定「no ~」:全く~ない
  • 「not … at all」

 
基本的に「no」が文章中に入っている場合は、

全部否定「全く~ない」と考えて構いません。
 

「not always」の発音は?

「not always」の発音は

「ナットゥ オールウェイズ」です。
 

発音記号:「nάt ɔːlweɪz」

です。
 

「not」の発音は、

「ナットゥ」と発音します。
 

「not」の「o」の発音は、

日本語の「ア」を軽く発音する感じです。
 

また、

「always」は

最初の音を伸ばして発音します。
 

「always」の「al」はの「l」は読まず、

日本語の読み方の「オー」で構いません。
 

最後の「ways」の部分は、

「ウェイズ」というように、

「ウェ」と「イ」

という母音を続けて読みます。
 

こういった二重母音の読み方は

日本語にはあまりないので、

口を大きく動かしながら、

ゆっくりと「ウェイ」と練習してみましょう。
 

スポンサーリンク


「not always」の英語例文は?


 

  • Tom does not always do what
  • he thinks is right,

    トムは、自分が正しいと思っていることを

    いつもしているとは限らない

  • Urata has not always taken her advice
  • because she is too strict to him.

    ウラタは、彼女があまりにも

    厳しく当たるので、いつもは

    彼女のアドバイスを受け入れてはいない

 

「not always」のまとめ

  • 主な意味:「いつも~とは限らない」
  • 英語:「not always」
  • 発音記号:「nάt ɔːlweɪz」
  • 読み方:「ナットゥ オールウェイズ」
  • レベル
  • 英語検定3級以上 、TOEIC220点以上

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ