超簡単な英単語「Strong」には意外な使い方があった!?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は

「強い」

というので誰しもが知っている

英単語「Strong」

についてです。

 

非常に簡単な英語ですが、

実は意外な使い方が存在するんです。

 

こういった使い方を知らないと

急に会話に「Strong」が出てくると

意味が分からず困りますね。

 

では、ネイティブの発音に合わせて

意外な使い方を見ていきましょう!

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

Strongの発音記号は?

「強い」の英語と言われたら

「Strong」が思い浮かぶと思います。

 

そんな英単語の発音記号は

「strˈɔːŋ」

とroの部分を強調して発音します。

 

これを日本人のカタカナ読みをすると、

「ストゥローン」

となります。

 

発音のコツとして、

ストゥローンの

ゥロを強調して発音するように

発音しましょう。

□参考:「Strong」発音方法

 

スポンサーリンク


Strongの意外な使い方は?

「Strong」の単語は

「アルコールが強い」

という意味があります。

 

ニュアンスとして、

度数が高いと言うよりは、

自分にとって強いな

と思った時に使う方が自然です。

 

さすがにテキーラのような

アルコール語数が高くて

有名なお酒は皆「Strong」を使います。
 

 
逆にアルコールが弱いな

と思ったときは

「Weak」を使います。

 

最近ではストロングと

名のついたお酒が

販売されていますよね。

 

意外と急に出てくる単語なので

覚えておきましょうね。

 

また、

熟語としてはこんな使い方もできます。

 

①come it strong

→極端に走る

②come on strong

→積極的にふるまう

③strong as a horse

→とても頑健な

といった表現です。

 

③のstrong as a horseは、

健康な、タフな、屈強な、

等、horse(馬)のイメージを

とらえてできた熟語です。

 

どうでしたか?

どれも日常会話に出てくる意味なので、

一つでも知らない使い方があれば

覚えておいてくださいね。


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ