「discuss」の意味、発音は? aboutは必要?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語のフレーズは

「discuss」です。
 

「ディスカッションしましょう。」

という言葉からも

意味がイメージできる単語です。
 

英語検定準2級以上

TOEIC350点以上
 

是非英語を学んでいるみなさんには

覚えて欲しい単語です。

 
今回はそんな

「discuss」の英語と意味

についてまとめました。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「discuss」の意味は?

「discuss」の意味は、

「~を議論する」

です。
 

様々な観点から問題について話し合うような場合

に使います。
 

「discuss」と同じ意味

「talk about」がありますが、

「discuss」には「about」は必要ありません。
 

「discuss ~」 = 「talk about~」
 

 

「discuss」の発音は?

「discuss」の発音は

「ディカス」です。
 

発音記号:「dɪskˈʌs」

アクセントは後半にあります。
 

発音記号からも分かるように、

アクセントのある

「ディスカス」の「カ」の音は、

軽く発音します。
 

どちらかというと

「ク」の音に近い感じです。

 
また、最後の「ス」の音は、

日本語の「ス」の音とは違い、

音を出さずに「ス」と発音しましょう。
 

喉のあたりに手をおいて、

音の振動を感じるならばそれは

日本語の「ス」です。
 

この音ではなく、前歯の間から

空気がただ出ていくだけです。
 

少し難しいですが、

繰り返して「s」の音を

出せるように練習しましょう。
 

スポンサーリンク


他動詞「discuss」の仲間は?

 一般動詞は大きく分けて

「他動詞」と「自動詞」

の2種類があります。
 

この2つの決定的な違いは、

「一般動詞」のすぐ後に

「名詞」が来るかどうかです。
 

すぐに「名詞」が続く場合は「他動詞」
 

前置詞を付けて

名詞を続ける場合を「自動詞」

と呼びます。
 

  • 他動詞+名詞
  • 自動詞+前置詞+名詞

 
日本人が間違えやすい

「他動詞」と日本語を紹介します。
 

 

  • ~について議論する
  • discuss the plan

    (×discuss about the plan)

  • ~へ入る
  • enter the room

    (×enter into the room)

  • ~へ近づく
  • approach the city 

    (×approach to the city)

となります。
 

日本人が「他動詞」を上手に使うためには、

「~について」「~へ」などが

動詞の意味に含まれていることを

きちんと覚えておく必要があります。
 

ちなみに自動詞を見てみると、

次のようなものがあります。
 

  • go to bed
  • arrive at Tokyo

自動詞の「go」や「arrive」には、

すぐに「名詞」を使えないために、

「to」や「at」などの前置詞が

必要なことが分かりますね。
 

「discuss」のまとめ

  • 主な意味:「~について議論する」
  • 英語:「discuss」
  • 発音記号:「dɪskˈʌs」
  • 読み方:「ディスカス」
  • レベル
  • 英語検定準2級以上 、TOEIC350点以上

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ