「菜の花」の英語は5種類!?ネイティブが使うのは?


この記事は約 3 分で読めます。

今回紹介する英語は「菜の花」

 

菜の花の英単語レベルは意外にも

英語検定1級以上

とかなりハイレベルです。

 

そして、

「菜の花」の英語は色々な言い方があり、

どれを使えば良いのか

悩む単語の一つです。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「菜の花」の英語

についてまとめました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「菜の花」のネイティブが使う英語は?

では、お急ぎの方の為に

さっそく答えを見ていきましょう!

 

菜の花の英単語は

 
①「rape blossoms」

②「rape flower」

③「canola flower」

④「celery cabbage」

⑤「brassica napus」

 
あたりと5種類もあります。

 

これのせいで

「どれを覚えれば良いの?」

と悩む方が多いのです。
 

 
この中でネイティブが使う菜の花は③番の

「canola flower」

でしょう。

 

また、①番と②番の

「rape blossoms」

「rape flower」

は過去によく使われていた英語ですが、

今はそうでもないです。

 

犯罪のレイプも想像できることから

好んで使いたくないようですね。

 

残りの④番と⑤番の

「celery cabbage」

は少しまわりくどい言い回し、

「brassica napus」

は学名ですので一般的ではないです。
 

「菜の花」の英語発音は?

では、ネイティブに使われている

「canola flower」

の発音を見ていきましょう。

 

まず発音記号は

「kənóʊlə flάʊɚ」

です。

 

カタカナ読みで表記すると

「キャノーラ フラワー」

と発音します。

 

この英語はわりと日本語読みの

発音で通じると思います。

 

基本的な単語ですが、

フラワーの発音だけは

一度耳で聞いておきましょう。
 

 
また、

このキャノーラはまさに皆さんが

料理に使う油が由来となっているので

覚えやすいのではないでしょうか?
 

 
菜の花の英単語はマスターできましたが、

「菜の花畑」になると

変わるのでしょうか?
 

スポンサーリンク


「菜の花畑」の英語で書くと?

せっかくなので、

「菜の花畑」

も勉強してみましょう。

 

これもたくさん表現があるのですが、

「field of canola flower

「field of rapeseed

field mustard」

でしょうか。

 

少し表現方法が変わるのもありますね。

 

ネイティブが使うとしたら、

基本的にFieldが畑という意味なので

これとつなげれる

「field of canola flower

を使うのが一番良いでしょう。
 

菜の花、菜種、アブラナの違いは?

菜の花と聞くと、

菜種やアブラナという言葉が浮かんできます。

 

それぞれが混同しないように

整理しておきましょう。

 

まず、菜の花はアブラナ科に所属している

全体の花のことをさします。

 

そして、

菜種とアブラナの意味は全く同じです。

 

アブラナ科に所属している

1つの品種のことを指します。

 

ちなみに、

アブラナ(菜種)を英語で書くと

「rapeseed」です。
 

「菜の花」の花言葉は?

最後に花言葉も紹介しておきます。

 

菜の花の花言葉は「黄色」です。

 

菜の花を象徴するかのような花言葉ですね。

 

ただし、

花言葉は菜の花にも何個かあります。

 

長くなってしまったので、

こちらのサイトは菜の花の花言葉が

詳しく説明されているので参考にどうぞ!

⇒菜の花の花言葉,由来は?
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ