「so that」英語まとめ!この意味を間違える理由とは?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語のフレーズは

「so that」です。
 

覚えてしまえば日常会話で使える

便利なフレーズです。
 

英語検定3級以上

TOEIC220点以上

レベルの単語なのでがんばって覚えて下さい。
 

今回はそんな

「so that」の意味、会話表現

についてまとめました。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「so that」の英語の意味は?

「so that」の意味は、

「~するように」

です。
 

目的を表す時に使用しましょう。
 

(例)

Jack left home earlier than usual

so that he could take the first train.

始発電車に間に合うように、

家をいつもより早く出ました。
 

さらに混在する

間違いやすいフレーズ

があります。

  • 「so that」
  • ~するように

  • 「so … that ~」
  • とても...なので~だ

と、よく似た形ですが

意味が全く違います。
 

「~するように」という意味で使いたい時は、

必ず「so that」一緒に並べて使います。
 

「so that」の発音は?

「so that」の発音は

「ソゥダットゥ」です。
 

発音記号:「sóʊ ðæt」

 
まず「so」ですが、

日本語の発音の「ソー」ではなく、

きちんと二重母音で

「ソゥ」と発音しましょう。
 

発音記号を見ても分かるように、

「オ」と「ウ」の母音が続けて

発音されますので、

発音するのは日本人には

なかなか難しいでしょう。
 

二重母音をはっきりと発音するためには、

口を大きく開けて

発音する練習をしましょう。
 

ゆっくりと始めて、

だんだん速く練習していくと

口の動きが滑らかになり

発音が聞き取りやすくなります。
 

例えば、次の2つの発音を比べて、

違いがきちんと分かるように

発音してみてください。
 

 

  • boat:ボート(小舟)
  • 発音:「ボウトゥ」

  • bought:buyの過去形、過去分詞形
  • 発音:「ボートゥ」

 
「boat」の発音は、きちんと口を動かして

「オウ」とはっきりと発音しましょう。
 

また、「that」の発音で特に難しいのは

「th」の発音です。
 

歯と歯の間に舌を軽く挟んで、

「ズ」のような音を出してください。
 

日本語にはない発音なので、

ゆっくりと何度も発音して練習しましょう。
 

スポンサーリンク


「so that」の英語例文は?

  • Jane skipped her breakfast
  • so that she could eat a lot of sweets.

    ジェーンはスイーツを

    たくさん食べられるように、

    朝食を抜きました。

  • Ms.Hilton studies very hard
  • so that she will be a great teacher.

    ヒルトンさんはいい教師になるために、

    一生懸命勉強しています。

「so that」のまとめ

  • 主な意味:「~するように」
  • 英語:「so that」
  • 発音記号:「sóʊ ðˈæt」
  • 読み方:「ソゥダットゥ」
  • レベル
  • 英語検定3級以上 、TOEIC220点以上

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ