猫はcat!けど子猫は全く違う英語だった!?


この記事は約 3 分で読めます。

猫と言えば「cat」という英語は

誰でも知っていますね。

 

しかし、

ふとこんな疑問が出てきます。

「猫と子猫って英語は違うの?」

 

実は全く違います。

 

さらに日本語では

「子猫」「仔猫」「小猫」

と3種類の表記をすることができます。

 

これにもそれぞれ英語があります。

 

けどこれは日本語での違いすら

はっきり分かりませんね。

 

今回はそんな疑問を

全て解消したいと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

猫の英語「cat」は子猫にも使えるの?

まずは猫全体を表す英語「cat」、

みなさんはこの単語ならご存知ですね。

 

「cat」はもちろん

成猫のことを表すことができます。

しかし、

特別に区別をする必要が無い場合には

子猫のことを「cat」

と言っても普通に通じます。

 

例えば「He has cat」と言ったとしても、

猫を飼っているという事実は変わりませんので。

 

それが子猫か成猫かどうかを

尋ねられれば別ですが。
 

「子猫」「仔猫」「小猫」の意味の違いは?

では、本題の子猫の英語に入る前に

日本語で表記できる3種類の意味を紹介します。

 

子猫:「子供の猫」

仔猫:「人以外の子供の猫」

小猫:「小さい猫」

 

つまり、子猫と仔猫は同じ意味ですが、

仔猫は動物の仔猫という意味が

強調されています。

 

この二つの言葉がある理由として、

もともとは別の地方で使われていた

方言のようなものだった為です。

 

また、小猫はシンプルに小さい猫なので、

成猫でも体が小さいな

と思えばそれは小猫となります。

スポンサーリンク


子猫を英語で言うと?

日本で有名な猫のキャラクターと言えば、

「ハローキティ」ですね。

実はここに大きなヒントがあります。

 

その名前の元となっているのが、

子猫を区別して意味する

「Kitty」という英語です。

 

もう少し硬い表現だと、

「Ktten」とも表せます。

 

猫を飼っている方は知っていると思いますが、

子猫用のキャットフードには

「キトン」と表記されています。

ですが、

このように言い分けることは

英語ではしないですね。

 

先述の通り、大人同士の会話では

まず猫全体を表す「cat」が

一般的に使われています。

 

では、

この「kitty」がアメリカの日常会話が

どのようなときに使われるかと言うと、

子猫と話すときです。

 

「子猫がいるよ。可愛らしい子猫だね。」

 

そんな意味の言葉を使う際には

「Kitty」が用いられることが多いです。

 

どちらかと言えば、

可愛らしく「猫ちゃん」

というようなニュアンスを持っています。

 

なので、

野良猫などを見つけた時なども使います。

 

「こっちにおいで」というときに

「Here kitty!」というようなイメージです。
 

仔猫を英語で言うと?

仔猫は英語で「Pussycat」と言います。

 

「ハローキティ」のように

イメージがないので読みにくいですね。

 

発音記号はpʊ́sikæ̀tで、

カタカナ読みで表現すると

「プッシーキャット」

といった感じです。

 

こちらも先ほどと同じ、

「猫ちゃん」という

ニュアンスの方が強いですが、

童謡などの歌詞としても使われる英単語です。

 

「Pussycat」には別の使い方もあり、

「意外と優しくてソフトな人」

という意味もあります。

また、

「puss」「pussy」を使っても

「子猫」というニュアンスになります。

 

ただ現在では

「pussy」や「puss」という言葉には

全く違うスラングとしても

使われてしまっています。

 

特に「pussy」は女性器を表すスラングです。

 

子猫を見つけて「こっちにおいで」

と言おうとしたときに使ってしまうと、

恥ずかしい目に遭うので注意しましょう。
 

子猫を英語で言うと?

子猫は英語で

「Small cat」と言います。

 

これは単純に小さい猫なので、

難しくないですね。

ちなみにこの猫は2004年に

ギネス認定された世界一小さい猫です。

2歳だと5kgくらいあっても

おかしくありませんが、

さすがはギネス猫。可愛いですね。

 

さて、

ここまで複数の単語を見てきましたが、

はっきりと言ってしまえば

全部「cat」でいいので

話す分には特に覚える必要は

ないかもしれないです。

 

ただ、

「Kitty」「Ktten」「Pussycat」は普通に

アメリカのネイティブが使用するので、

頭の片隅には置いていて下さいね。


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ