暦(こよみ)の英語でネイティブが使うのはどれ?発音も徹底解説!


この記事は約 2 分で読めます。

暦の上では…と日本人は言いますよね?

 

海外ではそこまで

暦という言葉は使わないかもしれませんが、

ちゃんと英単語は存在します。

 

今回はそんな

暦(こよみ)の英単語、発音のコツ

についてまとめました。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

暦(こよみ)の英単語は?

暦(こよみ)の英語で書くと

Almanack

Almanac

となります。

 

どちらでも問題ありませんが、

Almanack

の方が一般的に使われているので

こちらを覚えておきましょう。
 

スポンサーリンク


暦(こよみ)の発音のコツは?

「Almanac」には発音の仕方は

何通りもあるのですが、

ここではイギリスの

「クイーンズイングリッシュ」

の発音の仕方をマスターしましょう。
 

 
この場合「Almanac」の

一番最初の「A」は

[ˈɔː]と発音されますから、

口を大きめに開いてから

唇を丸く前に突き出すような形で

「オー」と長めに発音してください。

 

次にくるのは

[l]のみなので、

舌先を前歯の裏の歯茎に

つけるようにして

「ウ」と「ル」を同時に

発音するような感じで言います。

 

「r」を発音する時のように

舌先を巻かないように気を付けましょう。

 

「ma」の部分の

発音記号は[mə]ですから、

日本語の様にはっきりと

「マ」と発音しないで、

口を開き過ぎず弱めで曖昧な

「ア」の発音ができると英語らしく聞こえます。

 

また、

この単語のストレスは

[ˈɔː]にあるので、

その部分をよく強調して

あとはサラッとコンパクトに発音しましょう。

 

「オール・マァナァク」と

「マァナァク」の部分は

畳みかけるような感じで

発音しきってしまいましょう。

 

*ストレス

日本語では強調するべき部分に

「アクセントを付ける」

等という言い方をしますが、

英語ではこういう場合

「アクセント」ではなく

「ストレス」という単語を

使う事の方が多いです。
 

暦(こよみ)の英語まとめ

英語:Almanack

(現在はAlmanacと書くのが一般的)

日本語:暦(こよみ) 年鑑、生活歴

読み方:オールマァナァク、アルマァナァク

発音記号:

アメリカ英語:/ˈɔlmənæk/、/ˈælmənæk/

カナダ英語:/ˈɑlmənæk/、/ˈælmənæk/

クイーンズイングリッシュ:

h/ˈɔːlmənæk/、/ˈɒlmənæk/

レベル:英語検定1級以上
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ