Sweetの意味「甘い」以外の衝撃の使い方とは!?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は

「甘い」

 

味覚を表現する英単語

「Sweet」

日常会話でもよく使われると思われます。

 

英語圏の日常会話ではその他に

「You are so sweet!」

といった英文を耳にします。

 

はたしてこれはどんな

意味になるんでしょうか?

 

今回はそんな

「seweet」「甘い」の

英語、発音記号や意外と使える意味

についてまとめました。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

Sweetの発音記号は?

冒頭で書いた通り、

甘いの英語は「Sweet」です。

 

この発音記号は

「swíːt」

 

これを日本人のカタカナ読みをすると、

「スウィートゥ」

となります。
 

スポンサーリンク


Sweetの発音と読み方動画!

 

 
発音のコツとして、

スウィートゥの

ウィを強調して発音するように

発音しましょう。
 

Sweetの衝撃的な意味とは?

sweetは日本人はほとんど「甘い」

と表現する時にしか使いません。

 

しかし、

実はsweetには

「可愛い」「優しい」「素敵」

という意味があります。

 

つまり、冒頭の

「You are so sweet!」は

「君は可愛らしいよ!」

「あなた素敵ね!」

「あなたとっても優しいのね!」

のようなイメージで使うことができます。

 

親しい友人、家族、恋人に対し、

「甘い」イメージが当てはまる人に

使うと間違いないでしょう。

 

また、

フレーズとしての使い方もあり、

英文「cleane and sweet」

英訳「こざっぱりした」

といった表現があります。

 

他にもネイティブの使い方として、

「That women smelt

sweet and clean.」

のような使い方もあります。

 

「あの女性は甘く

清潔な香りがするよ。」

などと男同士でバカみたいなことで

盛り上がっている時にも使えますね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ