「大切な思い出」の英語は7つ!?ネイティブの使い方とは?

思い出
LINEで送る

この記事は約 3 分で読めます。

今回紹介する英語は

「大切な思い出」という言葉です。

 

英語では「大切な」+「思い出」

と分けられ、

特に「大切な」の方で

ニュアンスが変わるので

重要な部分になるでしょう。

 

ただ、一口に「大切な」と言っても

「誕生日が楽しかった」

「卒業した」

「プロポーズされた」

など、感覚的には

かなり差がありますよね?

 

今回はそんな時にの

ネイティブの使い分け方を

解説したいと思います。

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「大切な思い出」の英語は?

では、さっそく見ていきましょう。

「大切な思い出」の英語は、

①「valuable memories」

②「unforgettable memories」

③「precious memories」

④「wonderful memories」

⑤「amazing memories」

⑥「such~memories」

⑦「good memories」

 
と、使われるものは7つもあります。

 

これだけあると

どれをどう使ったらいいか迷いますよね。

 

今回は

「特別な記憶と連想させる思い出」

で、ネイティブはこれらで度合いが

どのように使うのか見ていきましょう。

「大切な思い出」のネイティブの使い方は?

では、1つずつ解説していきます。

①「valuable memories」

卒業式

「valuable memories」は

そのまま訳すと、

「価値のある思い出」

として使える英語です。

 

少し遠まわしな言い方なので、

使用頻度は高くないですが

「入学式・卒業式などのイベントの思い出」

に使うのが適切でしょう。

 

注意が必要なのは、

ガールフレンドなどを表す

「大切」という意味では、

「valuable」はNGワードなので

使わないようにしましょう。

 

②「unforgettable memories」

忘れられない思い出

「forgettable」=

「忘れがちな、忘れられやすい」

に「un」をつけて

「unforgettable」=

「忘れられない」

として使えます。

 

つまり、感動的な

「忘れられないほど大切な思い出」

というように使えます。

 

③「precious memories」

結婚式

「precious」は、

「貴重な」「尊い」「大切で」

という意味の単語です。

 

さきほどの

「忘れられない思い出」より、より

「神聖な思い出」

というニュアンスで使えます。

 

ネイティブは本当に

大切な相手への表現として

この「precious」をよく使うので

覚えておきましょう。

 

④「wonderful memories」

大切な思い出

「wonderful」は

「素晴らしい」という意味です。

 

どちらかと言うと、

「すごく楽しい思い出」

といったニュアンスで使うと良いでしょう。

 

⑤「amazing memories」

「amazing」も先ほどと同じ

「素晴らしい」という意味ですが、

どちらかと言うと

「とても驚くような」

「ビックリするような」

のような

「サプライズ的なニュアンス」

が強いです。

 

⑥「such~memories」

写真

これは今までの英語の前につけて

「さらに(とても)~な思い出」

と使えます。

 

例えば、

「such precious memories」

のようにさらに感情を

上乗せするようなイメージです。

 

「thank you very much」の

「very much」のようなものですね。

 

⑦「good memories」

「good」は「良い」という意味なので、

「良い思い出」となります。

 

これはかなりフランクなレベルで使い、

昨日行った

お店のハンバーグ美味しかったね

くらいの思い出で使うと良いでしょう。

 

また、「great memories」とも使え

「great」は「すごい」という意味で、

「すごい思い出」です。

 

これは「wonderful memories」

と同じ系列で、

基本的に楽しい思い出に使います。

 

その強さで言うと、

「good」「great」「wonderful」

の順で強くなるので、

自分の感覚で使い分けましょう。

 

どうでしたか?

ちなみに「memory」という単語を

「思い出」として使うには、

可算名詞の複数形になるので

「S」をつけましょう。

 

「memory」として使う場合は

「記憶」という意味で使います。

 

けっこう間違いやすいポイントなので

このへんも注意して覚えておいて下さいね。

LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ