「練習試合」の英語は5つ?ネイティブが使うのは!?


この記事は約 3 分で読めます。

サッカーや野球など、

公式の試合をする前に

腕慣らし、肩慣らしなどの意味合いで

練習試合を行いますよね。

 

もちろん海外でも

練習試合はあります。

 

海外で「練習試合をしませんか?」

と相手チームを誘うときには、

どう言ったらいいのでしょう?

 

今回はそんな「練習試合の英語」

ついて紹介していきます。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「練習試合」の英語は5つ!?


 
スポーツによって違う「練習試合」

日本では、本試合前に行う試合は

「練習試合」の1つしか

言い方がありませんが、

英語ではスポーツによって

いくつか言い方があります。

 

そんな、「練習試合」を表現する英語は

①「Training Game」

②「Practice Game」

③「Training Match」

④「Practice Match」

⑤「Exhibition game」

です。

 

日本語では1つの表現ですが

英語になると5つも表現が

分かれてしまい困惑ですね。

 

さっそく、どうやって使い分けたらいいか

ご紹介します。
 

スポンサーリンク


「練習試合」のネイティブが使い分け方は?


 
「練習試合」の英語が5つもある中

ネイティブはどうやって

使い分けているのか見ていきましょう。
 

①「Training Game」
 

 
サッカーや野球、バスケットボールなどの

「団体競技」の場合に「Game」

を使います。

 

複数人でやる競技は5人以上の

イメージがありますよね。
 

“I have a training game today.”

「今日は練習試合があるんだ。」

 

②「Practice Game」
 

 
これは「繰り返し性の高い練習試合」

に対して使われることが多い単語です。

 

一般的に学校間で行われる練習試合や

クラブチーム、友達といる時に

よく使う表現ですね。

 

③「Training Match」
 

 
「Game」をすぐに思いつきますが、

今回使われている「Match」は

テニス、ボクシングやレスリングなどの

「個人競技」の場合に「Match」

を使います。

 

個人競技は1~2人で行われる競技を

イメージして下さい。

 

④「Practice Match」
 

 
これは「個人種目でより頻度の多い練習試合」

に用いられるフレーズです。

 

部活動や体育の授業といった

学生の間で説明する際に使うのが

わかりやすい表現です。

 

“We have hard training every day

for the training game of baseball next week.”

「来週の野球の練習試合のために、

毎日厳しい練習をしているよ。」

 

⑤「Exhibition Match」
 

 
練習試合の中でも

「プロ御用達の公開される試合」

に利用されるフレーズになります。

 

ボクシングの試合直前や

プロ野球で一度は聞いたことがある

表現ではないでしょうか。

 

“Many fans gathered to see

the Exhibition match of boxing.”

「たくさんのファンがボクシングの

練習試合を見に集まった。」
 

「練習試合」のネイティブが使う英語は?


 
主にネイティブが利用する

「練習試合」の英語は

「Training Game」

になります。

 

また、日常生活で使われる英語を

使う頻度で振り分けてみると

◇使用頻度が多い英語

①「Training Game」

⑤「Exhibition game」

◇使用頻度が普通な英語

②「Practice Game」

③「Training Match」

◇使用頻度が低い英語

④「Practice Match」

といった感じになります。

 

テレビや雑誌などで

そのスポーツの試合のことを

どう表現しているか見てみるのも手です。

 

英語の雑誌などが勉強しやすいですよ。

 

どうでしたか?

今回の「試合」のように、日本語では

使い分けがなく

英語表現だと慣れないうちは

どう使えばいいのかわからないですね。

 

英語を勉強するときは、

英字新聞や英語の雑誌などを読むことも、

とても勉強になります。

 

フレーズや文章で覚える方が

早く身につくので

ぜひ試してみてくださいね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ