「興味を持つ」の英語は7つ!?ネイティブが使うのは?


この記事は約 3 分で読めます。

誰もが日常の中の何かに

興味を抱いて生活してます。

 

そういったことを日本語では、

『関心がある』

『好奇心をかき立てる』

と言った言い換えで

意思表現することもできます。

 

そこで今回は英語ではどう言うのか?

『興味を持つ』の英単語

皆さんご存知のフレーズや

言い換え表現も見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「興味を持つ」の英語表現は7つ?


 
「興味を持つ」の英語表現は

主に下記の7つです。

 

①「interested」

②「curiosity」

③「stimulate」

④「be interested in~」

⑤「become interested in~」

⑥「be concerned with~」

⑦「spark ○○ interest~」

 

7つもあると一体どれを使えばいいのか

わからなくなりますね。

 

どういった違いがあるのか

さっそく見ていきましょう。
 

スポンサーリンク


「興味を持つ」のネイティブの使い方は?

 
日常の英会話で使う際に

自然に使えるように見ていきましょう。

①「interest」
 

 
教科書にも初めて出てくる

「興味を持つ」に利用する単語ですね。

 
「意欲が沸く」というニュアンスで

使われる場面が多い単語です。

 

I hope children will have

an interest in the world.

「子供たちが、世界に

興味を持つことを期待します。」

 

②「curiosity」
 

 
「curiosity」は知識欲、好奇心が強い場面

「知りたがる」意味合いで利用します。

 

This technology stimulated

his curiosity.

「このテクノロジーは、

彼の好奇心を刺激した。」

 

③「stimulate」
 

 
「刺激する」ことにより

興味を掻き立てる場合に利用されます。

 

「鼓気持ちが湧き立つ」

状況を表現する単語です。

 

Doing her best stimulated

the children’s interest.

「彼女の頑張りが、

子供たちの興味を掻き立てた。」

 

④「be interested in~」
 

 
動詞「interest」の受身形になります。

 

「in」は、前置詞なので、

後ろには「名詞」が来る点にご注意を。

 

「be:~である」という形をもち、

興味を持ち続けている状態を表現します。

 

I am interested in Japan culture.

「私は、アメリカの文化に興味があります。」

 

What is he interested in?

「彼は、何に興味がありますか?」

 

⑤「become interested in~」
 

 
「become:ある状態になる」

という意味で興味を持った場面を表現します。

 

Why did you become interested in

this building?

「あなたは、なぜこの建物に

興味を持ったのですか?」

 

I have become more interested in 

your product after listening to it.

「それを聞いてますます御社の商品に

興味を持てるようになりました。」

 

⑥「be concerned with~」
 

 
「concerned:関心あること、気になっている」

という意味の単語を用いる表現です。

 

My brother is concerned with playing

a traditional musical instrument.

「私の弟は、伝統的な楽器を

弾くことに関心がある。」

 

⑦「spark ○○ interest~」
 

 
「spark:興味を掻き立てる・奮起させる」

という意味使われるため覚えておくと便利です。

 

○○には、『her』や『my』など、

人称代名詞の所有格が入ります。

 

This experience sparked her

new interest in infield of biology. 

「この経験が、彼女が生物学の分野に

新たに興味を持つきっかけとなりました。」

 

「形容詞」+「interest」

の表現でどんな風に興味を持つか補える

とても便利な表現です。
 

「興味を持つ」のネイティブが使う英語は?


 
数多くの紹介しましたが

ネイティブに最も使われる英語は

④「be interested in~」

がほとんどです。

 

場面に応じて使われるものも違いますが

日常会話、文章などで

使われる頻度別でまとめると

◇使用頻度が多い単語

①「interested」

④「be interested in~」

⑤「become interested in~」

使用頻度が普通な単語

②「curiosity」

⑥「be concerned with~」

◇使用頻度が少ない単語

③「stimulate」

⑦「spark ○○ interest~」

といった感じになります。

 

どうでしたか。

『興味を持つ』、日本語と同じように

様々な表現の仕方があります。

 

一つではなく、

色んな言い回しを覚えることで

英会話の幅が広がりますね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ