「環境汚染」の英語は4つ!?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 3 分で読めます。

今回紹介する英語は、

「環境汚染」という言葉です。

 

最近では、

「環境汚染による

地球温暖化が急速に進んでいる」

「環境汚染が健康被害を及ぼす」

など、さまざまなシーンに登場しています。

 

環境問題は近年世界各国の

重要問題となっているため、

この関連英語は試験でも

出題されることが増えています。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「環境汚染」の英語

について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「環境汚染」の4つの英語は?

では、さっそく見ていきましょう。

 

「環境汚染」の英単語は

①「environmental

destruction」

②「pollute the air」

③「environmental

pollution」

④「environmental

contamination」

と4種類もあります。

 

これだけあると、

どの単語を使ったらいいのか迷いますよね。

 

「環境汚染」という言葉は、

「この街の人々は、環境汚染に苦しんでいる」

「環境汚染による公害が、問題視されている」

という、最も一般的な「環境汚染」という

英語を選びたいと思います。

スポンサーリンク


「環境汚染」のネイティブが使う英語は?

では、一つずつ見ていきましょう。

①「environmental

destruction」

「環境汚染」という意味を持っていますが、

一般的には「環境破壊」

という意味合いが強いです。

 

今回は、正解とはいえません。

 

②「pollute the air」

「pollute=汚染」という意味があり、

「air=空気」という意味があるので

間違いではないです。

 

しかし、

「環境汚染」という意味より、

「大気汚染」といった方が

しっくりくるので正解ではありません。

 

③「environmental

pollution」

正解はこの③番目です。

 

発音記号は

「invàiərənméntl

pəlúːʃən」

カタカナ読みだと

「インヴァィアラァンメェントゥル

ポリューション」

と読みます。

 

先ほどご紹介したように

「pollute=汚染」

という意味があります。

 

「environmental=環境」

という意味なので、

2つの単語を合わせて

「環境汚染」となります。

 

他にも「公害」とも訳されます。

 

また、「有害成分が、混じっている」

というふうに覚えておくと

使いやすいでしょう。

 

例文として、

「The people of this town

suffer from

environmental pollution.」

この街の人々は、環境汚染に苦しんでいる。

「Environmental pollution

is regarded as a problem.」

環境汚染が問題視されている。

などと使われます。

 

④「environmental

contamination」

日本語で「汚染」という言葉では、

この「contamination」は

間違いではありません。

 

しかし、ネイティブは

「異物混入」という意味で使い、

「好まないものが混じっている」

という意味が主となります。

 

つまり、

「人体に有害なもの、危険なもの、

悪影響を及ぼす」という意味に使われ

「汚染」とも使えます。

 

でも、今回のようなシチュエーションでは

「pollute=汚染」の方がピッタリなので、

正解ではありませんでした。

 

この問題もよく出てくるので、

「contamination=異物混入」

も一緒に覚えておくといいでしょう。

 

どうでしたか?

「環境」関連の英語は間違いなく

これからどんどん重要になっていきます。

 

今回の英語は全て重要なので、

できれば全部覚えておきたいですね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ