「気分転換」の英語は5つ!?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は「気分転換」

 

日常会話でも

よく使いそうですね。

 

しかし「気分転換」の英語は

色々な言い方があり、

どれを使えば良いのか

悩む単語の一つです。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「気分転換」の英語

についてまとめました。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「気分転換」の5つの英語は?

「気分転換」の英語は

①「~ change of pace」

②「~ for a change」

③「I need a break」

④「I need some fresh air」

⑤「clear one’s head」

あたりと、ざっと挙げても

このくらいの種類があります。

 

これのせいで

「どれを覚えれば良いの?」

と悩む方が多いのです。

いずれも同じ「気分転換」ですが、

実際にはその時の自分や周りの状況、

また「どのように気分転換をしたいか」

によって使う言葉が変わってきます。

 

要はニュアンスの違いですね。

 

では、

さっそく答えとそれぞれのニュアンスを

見ていきましょう!

スポンサーリンク


「気分転換」のネイティブが使う英語は?

この中でネイティブが使う

「気分転換」の英語は

③「I need a break」

でしょう。

 

「break」が「休憩」

という意味ですので、

「休憩が必要 = 気分転換する」

となります。

非常にシンプルで分かりやすいですね。

 

日本語でも「コーヒーブレイク」

と言ったりしますし、

馴染みある表現ではないでしょうか。

 

では、他のニュアンスも見てみましょう。

 

①「change of pace」

②「for a change」

はどちらも「change」

という単語が入っています。

「今の気分・状況を変えたい = 気分転換」

となります。

「I need a change of pace.」

「I need to take a walk for a change.」

のように使います。

 

他にも「change」を使ったものだと

「change of scenery」

も気分転換として使われます。

 

こちらは「scenery = 景色」を変える、

なので物理的に場所を変えて

(場合によっては引っ越しをして)

「気分転換」という意味合いになります。

 

③「I need some fresh air」

は文字通り

「fresh air = 新鮮な空気」

が必要という意味合いですね。

なので

ずっと部屋の中や屋内で作業をしていて

「ちょっと(気分転換に)

外の空気吸ってくる」

といったニュアンスになります。

 

そのため、

ずっと屋外にいる状況で使うのは間違いです。

 

⑤「clear one’s head」

はやや遠回しの表現になります。

「(誰々の)頭をスッキリさせる」

と直訳されるので、

「気持ちを整理させる」

→「気分転換する」

となります。

 

どうでしたか?

最も汎用性高く使えるのは

「I need a break」でしたが、

「break」を使った表現の1つに

「Give me a break!」

というのがあります。

 

直訳すると

「休憩を与えろ(命令形)」となりますが、

「(会話の途中で)ちょっと待ってくれ」

から

「勘弁してほしい」「冗談じゃない」

というフレーズです。

 

このように「break」は

けっこう使いやすい英語なので、

積極的に使っていきましょう!
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ