「目標」の英語は5つ!?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 3 分で読めます。

今回紹介する英語は「目標」

 

「目標」の英語は

ビジネスでは比較的頻繁に

使用される単語の一つです。

 

しかし、微妙なニュアンスの違いで

種類の多い英語でもあります。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「目標」の英語

についてまとめました。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「目標」の5つの英語は?

では、まずは種類を見ていきましょう!

 

「目標」の英語は

①「goal」

②「target」

③「objective」

④「aim」

⑤「purpose」

などがあります。

 

これらは使うシチュエーションや

目的が異なります。

 

では、ネイティブの

使い分け方を見ていきましょう。

スポンサーリンク


「目標」のネイティブが使う英語は?

①「goal」

これは抽象的で大きな目標を指します。

 

ネイティブが一般的に使うとなると、

この英語でしょう。

 

マラソンなどの「ゴール」はもちろんのこと、

ビジネスでの「売上目標」などまで

「sales goal」

という表現をします。

 

適切な英単語を忘れたら、

とりあえず「goal」を使うと無難です。

 

では、他のニュアンスも見てみましょう。

 

②「target」

「的」という意味が示すように

具体的で目指す先が近い目標を指します。

 

「努力目標」や「目標値」などの

ビジネス用語としてもよく使われ

「non-binding target」

「target value」

とそれぞれ表現されます。

 

日本語でも「ターゲットは若年層です」

というように使いますよね。

 

③「objective」

今までの中で

最もビジネスシーンで使われる単語です。

 

「長期目標」や「明確な目標」を

「long-term objective」

「clear objective」

とそれぞれ表現します。

 

④「aim」

「狙う」とも訳されるように、

目指す先を定め

それに向かって

頑張る・努力する過程も含んでいる

ニュアンスになります。

 

例)

「The aim of this lesson

is to improve your skills.」

(この授業の目標はスキルアップです)

「My aim is to become a doctor.」

(私の目標は医者になることです)

 

⑤「purpose」

「目的」という意味もあるので

何かを成し遂げようとする

強い「理由」や「意志」が

背景にあるものを指します。

 

「What is your purpose

in studying English?」

(英語を学ぶ目的は何ですか?)

「目標を設定・達成する」の英語は?

目標はそもそも設定するためにあるので

「目標を設定する」

の英語も見てみましょう。

最も一般的なのは

「set」です。

 

さきほどの英語と組み合わせ、

「set a goal」

「set a target」

などと表現します。

 

ただし、③番の「objective」

に対しては

「establish objective」

という表現を使います。

 

では逆に、

「目標を達成する」

は英語でどう表現するのでしょうか。

 

最もよく使われるのは

「achieve one’s goal」

でしょう。

 

これで「私は目標を達成した」

となります。

 

他の表現方法にも

「reach one’s goal」

「accomplish one’s goal」

「succeed in one’s goal」

「obtain one’s goal」

などがあります。

 

どうでしたか?

目標だけでもたくさんの

英語が勉強できますし、

かなり使用頻度の高い単語が多いです。

 

少しずつ覚えていきましょうね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ