「判断する」の英語は4つ!?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は、

「判断する」という言葉です。

 

「人を見かけで判断するな」

「血液型で人を判断する」

「空を見て判断すると今日は雨が降りそうだ」

など、日常でも

よく使われる単語だと思います。

 

そこで今回は

ネイティブが使う「判断する」の

英語を解説していきたいと思います。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「判断する」の4つの英語は?

では、さっそく見ていきましょう。

 

「判断する」の英単語は

①「calculate」

②「decide」

③「judge」

④「conclusion」

 

このように「判断する」を

表す単語はたくさんありますね。

 

その為、

どのようなに使ったらいいか迷いますよね。

 

では、ネイティブの方が

これをどう使い分けているのか

見ていきましょう。

スポンサーリンク


「判断する」のネイティブが使う英語は?

①「calculate」

この英語には

「結果から判断する」

という意味もありますが、

「計算・算出」

という意味で主に使われます。

 

一般的な「判断する」とは少し違いますね。

 

②「decide」

「決める」という意味の

「判断する」に使われます。

 

「You decide.」

自分で判断して!

「Can you decide?」

自分で判断できる?決められる?

など、これはネイティブが気軽に

「判断する」を表現するときに使う英語です。

 

しかし、

もう少しピッタリの英語があるので、

今回の正解とは言えません。

 

③「judge」

これがネイティブが使う英語です。

 

英語で「judge」と、

書いていると難しい単語に見えます。

 

しかし、発音を見てみると、

「dʒʌ’dʒ」は日本語で書くと

「ジャッジ」と言います。

 

これなら聞いたことありますよね。

 

使い方として、

「Never judge

by appearance.」

決して、見かけで判断するな。

「I will judge

that to be enough.」

私は、十分だと判断します。

「I couldn’t judge

whether he was

telling the truth.」

彼が真実を話しているかどうか判断付かなかった。

など、だいたいどんな

「判断する」でも使える

汎用性の高い英語です。

 

④「conclusion」

基本的には「結論・締結・最後」

などで、使われる単語です。

 

「判断する」として

使われることもありますが、

一般的ではありませんね。

 

どうでしたか?

同じ意味でもネイティブは微妙に使い分けるので、

困ったら「judge」を使いましょう。

 

後々うまく会話で使い分けれると良いですね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ