「注目される」の英語は4つ?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は「注目される」

 

有名な人に使われやすい言葉ですが、

受身となる英語ですね。

 

そんな「注目される」の英語は

色々な言い方がありますが、

どれを使えばいいのか

悩む単語でもあります。

 

そこで今回は

ネイティブが使う「注目される」の英語

についてまとめました。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「注目される」の英語は4つ?

では、さっそく見ていきましょう!

 

「注目される」の英語は

①「attention」

(əténʃən)

②「spotlight」

(spɑ́tlàɪt)

③「notice」

(nóʊṭɪs)

④「be watched」

(bi wɑ́tʃd)

と4種類もあります。

 

では、これをネイティブの方は

どのように使っているのでしょうか?

 

それぞれを解説していきたと思います。

スポンサーリンク


「注目される」のネイティブが使う英語は?

さっそく正解を言ってしまうと、

①「attention」です。

この単語の使用頻度はかなり高く、

日常的に使える単語なので

しっかり覚えておきましょう。

 

では、

どのようなところで使うのか

例文から少しみていきましょう。

Pay attention!

(注目して!)

I am trying to

get her attention.

(彼女から注目されようとしているんだ)

と、こんな風に使うことができます。

 

ちなみに、

「attention」だけでは

「注目する」なので、

2つ目の例文のように

「注目される」という風に使う時は

「get attention」にしましょう。

 

続いて、②「spotlight」

これはカタカナ英語のスポットライトと

ほぼ同じ意味で使われます。

注目を集めるためのライトなので、

使い方によって

「注目される」というように使えます。

I am always

in the spotlight.

(私はいつも注目を浴びている)

 

直訳ですと、

私はいつもスポットライトを浴びている

ですが、対訳として

注目に直されることが多いです。

 

では、③「notice」

これは

「注目される」とも訳せるのですが、

意味合いは、気づく、集中する

といったようになります。

注目のように焦点が一点に集まる

という感覚ではなく

認知されるぐらいの感覚になります。

 

そして、最後に④「be watched」

この単語は最初の方に習うので

大抵の人が知っているのでは

ないでしょうか?

その「watch」(見る)を

受け身にしたのが

「be watched」(見られる)

となります。

 

見られるということは、

注目を浴びていることになります。

 

なので

I am being watched

by an audience.

(私は、観客に見られている。)

というように、

注目を浴びているという表現で使えます。

 

どうでしたか?

全部間違いではありませんが、

使用頻度や使いやすさなども考慮しています。

 

また、

少しのニュアンスの違いにも

意識しながら使えるようになると

より良いですね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ