「期待している」の英語は3つ?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は

「期待している」

 

会社やスポーツ選手などに

使うことが多い言葉ですね。

 

そんな「期待している」

という英語は何種類かあり、

どれを使うか悩む言葉です。

 

今回は「期待している」の

ネイティブが使う英語

についてまとめました。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「期待している」の英語は3つ?

「期待している」を表す英語は、

①「expect」

(ekspékt)

②「look forward to」

(lˈʊk fˈɔɚwɚd toː)

③「hope」

(hóʊp)

と3種類あり、

どれを使うか悩みますね。

 

見たことある単語もあると思います。

 

では、

ネイティブはどういった使い分け方を

しているのでしょうか。

 

さっそく一つずつ解説

と共に見ていきましょう。

スポンサーリンク


「期待している」のネイティブが使う英語は?

①「expect」

この表現は、

「確信があって期待している」

というニュアンスを持っています。

 

「expect」を用いする際には

当然のことと思って

期待している事を述べる際に

用いるようにしましょう。

 

例) I’ve expected

she would get

promoted in two weeks.

私は彼女が2週間のうちに

昇進すると期待している。

 

②「look forward to」

このイディオムを

知っている人は多いと思います。

 

高校英語で

「look forward to -ing」

というイディオムが出題されます。

 

このイディオムは

「楽しみにしている」という意味で、

未来に起こる出来事を

楽しみにしている(期待している)

というニュアンスを持っています。

 

友人との約束の際、

またフォーマルな場面で

用いられるビジネス英語としても

用いることができる表現になっています。

 

例) We are

looking forward to

seeing you again.

私達はまたあなたに会えることを

楽しみにしています。

 

③「hope」

願望や可能性がまだわからない場合に

「期待している」時は

「hope」を用います。

 

例) I hope

I pass the exam.

私はテストに受かっている事を

期待しています。

 

「hope」は未来のことなので、

「hope」の後は未来系を用いるのでは?

と思う方も多いようです。

 

しかし、

未来系を用いると

願望の可能性が低い

というニュアンスが出てしまいます。

 

そのため、

「hope」の後は

現在形を用いるようにしましょう。

 

また、願いと聞くと「wish」を

思い浮かべる人が多いと思いますが、

「wish」は叶わない願いを望む場合に

用いることが多いです。

 

例) I wish

I could go there.

私はそこへ行くことが

できたらよかったのに

(実際はいけなかった)

 

「人に頼りにしている」

という意味の

「期待している」は

「rely on +人」

「count on + 人」

というイディオムもあります。

 

最後に、相手に「期待しているよ」と言われて

「任せてください」と言いたい場合、

「Leave it to me.」

と返しましょうね。

 

どうでしたか?

様々な場面に合わせて

「期待している」という英語を使い分け、

自然な日常会話ができると良いですね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ