「注目する」の英語は4つ!?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は

「注目する」

 

オリンピックなどのスポーツ選手、

歌手や俳優などによく使われる言葉ですね。

 

「注目する」の英語レベルは

英語検定3級レベルと

それほど難しい英語ではありません。

 

逆に言えば、必須の英語にはなります。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「注目する」の英語

についてまとめました。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「注目する」の英語は4つ?

では、さっそく見ていきましょう!

「注目する」の英語は

➀「notice」

(nóʊṭɪs)

➁「focus」

(fˈəʊkəs )

➂「attention」

(əténʃən)

➃「spotlight」

(spɑ́tlàɪt)

あたりと4種類もあります。

 

では、この中で

ネイティブの方のよく使う

「注目する」

はどれしょうか?

 

一つずつみていきましょう!

スポンサーリンク


「注目する」のネイティブが使う英語は?

➀「notice」

・notice:気がつく、注目する

 

「注目する」と訳すことができますが、

ニュアンスは気づく

といったような感じです。

 

注目ではなく、認知する

といったぐらいの感覚ですね。

 

今回は焦点が一点に集まるような

注目という英語を答えとしてるので、

この単語はふさわしくありません。

 

➁「focus」

・focus:焦点を合わせる、集中する

 

これは焦点が一点に集まるという点で

注目という単語に近いですが、

意味合いは「集中」です。

 

勉強に集中している時は、

・I’m trying to

focus on my homework.

(私は宿題に集中しようとしている)

というように使うことができます。

 

➂「attention」

・attention:注目、気配り、注意

 

この単語は日本語の注目のように

使うことも可能です。

 

・I need

everyone’s attention!

(みんな注目して!)

 

直訳だと、

「私は、みんなの注目が必要!」

となります。

 

しかし、意味は「みんな注目して!」

といったようになります。

 

この文章は学校などで

使われることが多そうですね。

 

➃「spotlight」

・spotlight:スポットライト、注目

 

日本語でもニュースなどに

スポットライトを当てる

っていいますよね?

 

それと同じように英語でも使うことができます。

 

ただこの単語は、

名詞で使われることが多いので

今回の「注目する」の答えには

ならないかなと思います。

 

このように、4種類の

「注目する」という英語を

見てきましたが、

ネイティブの方がよく使う英語は

➂番目の「attention」になります。

 

他も間違いではないのですが、

今回紹介した少しのニュアンスの違いに

注意しながら使っていきましょうね。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ