「工場長」の英語は4つ!?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 3 分で読めます。

今回紹介する英語は「工場長」

 

今はどんどん賃金の安い

海外に広報ができていますので、

使うことが多い言葉かもしれません。

 

そんな「工場長」の英語レベルは

英語検定準2級

とそんなに難しい英単語ではありません。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「工場長」の英語

についてまとめました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「工場長」の英語は4つ?

では、さっそく見ていきましょう。

 

「工場長」の英単語は

➀「Factory director」

(fˈæktəri dəréktɚ)

➁「Factory manager」

(fˈæktəri mˈænɪdʒɚ)

➂「Factory head」

(fˈæktəri héd)

➃「Factory superintendent」

(fˈæktəri sùːp(ə)rɪnténdənt)

と4種類もあります。

 

こんなにあると、

どのように「工場長」と

呼んだら良いのか分かりませんね。

 

では、海外ではどう使われているのか

見ていきましょう。

スポンサーリンク


「工場長」のネイティブが使う英語はどれ?

始めに正解を言うと

「工場長」のネイティブ英語は

➁「Factory manager」

が今回の正解になります。

 

正解と言っても、

この英語表現が最適なだけであって

他の表現が

間違っているわけではありません。

 

その辺りの違いを一つずつ

説明していきたいと思います。

➀「Factory director」

・Factory:工場

・director:指導者、管理者

Director が管理者なので、

「工場長」に近い意味で使われます。

 

しかし、

どちらかと言うと「工場長」とは別に

この役職があるケースがあります。

 

なので、

少しニュアンスが違うので

最適な正解からは

外させてもらいまいした。

 

➁「Factory manager」

・manager

→マネージャー、経営者、部長

海外だとマネージャーは、

経営者や管理職

と捉えられることが多いです。

 

日本だとマネージャーと聞くと、

芸能人の身の回りの世話をする印象が

強い気がしますね。

 

とは言え、

かなり上の職位ですので

一般的な工場長とは言えませんね。

 

➂「Factory head」

・head :頭、リーダー

有名ゲームのポケモンだと

「工場長」の翻訳は

「Factory head」となっていますね。

 

正直、この名前で呼んでいる

現状は中々ありません。

 

ゼロとは言えませんが、

かなり少数派になると思います。

 

➃「Factory superintendent」

・superintendent:監督者、管理者、部長

これもよく使われる呼び名で

「工場長」

と同じように使われますが、

➁番目の「Factory manager」

と少し違う立場になります。

 

「Factory manager」が

工場全体の運営、従業員の管理

仕事の発注などをメインとして、

あまり現場で仕事をしません。

 

一方、

「Factory superintendent」は、

Factory managerと

同じような仕事をしながら、

現場の手伝いもします。

 

なので、

一番経験のある人がなることが多いです。

 

このように色々な呼び名があり、

どれも間違ってはいませんでした。

 

やはりネイティブの方が

よく使う「工場長」という意味では

一番広い意味で使われる

➁番目の「Factory manager」が

適していると思います。

 

ただし、今回紹介したように

その人に合った英語を使い分けれると

より良いですね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ