「食物繊維」の英語は4つ!?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は「食物繊維」

 

日本語でよく使う言葉ですが、

英語となるとかなり専門的になりますね。

 

そんな「食物繊維」の英単語レベルは

英語検定2級以上

と少しだけハイレベルになります。

 

「食物繊維」の英語は

言い回しが色々ありますが、

使いまわしが多いので

そこまで難しくないと思います。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「食物繊維」の英語

についてまとめました。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「食物繊維」の英語は4つ?

では、さっそく見て行きましょう!

 

「食物繊維」の英単語は

①「dietary fiber」

(dάɪətèri fάɪbɚ)

②「soluble dietary fiber」

(sάljʊbl dάɪətèri fάɪbɚ)

③「chock full of fiber」

(tʃˈʌk fˈʊl (ə)v )

④「fiber」

(fάɪbɚ)

あたりと4種類もあります。

 

こんなに言い回しがあるせいで

どれを覚えればいいのか

悩む方多いと思いますが、

言い回しが似ているものが多いので

安心してください。

 

では、見ていきましょう。

スポンサーリンク


「食物繊維」のネイティブが使う英語は?

さっそく答えから言うと、

この中でネイティブが使う

「食物繊維」の英語は

①「dietary fiber」

となります。

 

では、

一つずつ詳細を説明していきます。

①「dietary fiber」

「dietary」が「飲食物」

「fiber」が「繊維」なので、

「食物繊維」になります。

 

そのままですね。

 

②「soluble dietry fiber」

これは同じ「食物繊維」ですが、

「soluble」が水溶性なので

水溶性の食物繊維になります。

 

③「chock full of fiber」

これは「食物繊維」を

使った言い回しになります。

 

「chock full」は

「ぎっしり詰まっている」

という意味なので、

「食物繊維豊富」と訳すことができます。

 

よく商品に記載されているので、

ついでに覚えておきましょう。

 

④「fiber」

③番目の「chock full of fiber」で

お気づきの方もいると思います。

 

この言い回しだと「食物繊維」を

「dietary fiber」と言わず、

「fiber」と略して使っています。

 

このように、文脈によっては

「dietary」を付けなくとも

「食物繊維」という意味を

持たせることが可能です。

 

ただし、場合によっては

違う意味にとらえられるので、

会話の流れで分かる時に使いましょう。

 

ということで

ネイティブの方がよく使う

「食物繊維」の英単語は

「dietary fiber」になります。

 

この単語は健康などの話をしたり、

スーパーなどで

よく出てくる英単語なので

覚えておくと役に立つこと間違いなしです。

 

最近、日本語でも

飲料水やマルチビタミンなどでも

ファイバー入りとよく聞きますよね。

 

そういう意味でも身近で覚えやすい英語です。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ