「TOEFL」の値段は時期によって違う!?受験対策、略なども紹介!


この記事は約 3 分で読めます。

私たちにとって

「TOEFL」よりも聞き覚えのあるのは

「TOEIC」ですよね?

 

個人的には「TOEFL」の方が

本当に英語ができないと

点数がとれないテスト

と言えると思います。

 

さらに、

そんな「TOEFL」を受ける人は

英語への意識が高い人

将来やりたいことがある人

と言えますね。

 

今回はそんな

「TOEFL」の値段、対策から略、

さらに「TOEIC」のことにも

同時に触れていきたいと思います。
 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「TOEFL」「TOEIC」ってどんなテスト?何の略?

まず、かなり多くの方が

ご存知の「TOEIC」は

「Test Of English

International Communication」

の略です。

 

対して、「TOEFL」は

「Test of English

as a Foreign Language」

となります。

 

「TOEIC」は一般的に、

英語の実践的な

コミュニケーション能力のうち、

リスニング

(Listening「聞く」)

リーディング

(Reading「読む」)

という

「2つの英語能力を測るテスト」

のことを指します。

対して「TOEFL」とは

一体何なのでしょうか。

 

こちらは英語を母語としない人々の

英語コミュニケーション能力を

測るテストとして、

リスニング、リーディングに加え、

スピーキング

(Speaking「話す」)

ライティング

(Writing「書く」)

という

「4つの英語能力を測るテスト」

です。

したがって、

「TOEIC」の

リスニング・リーディングのスコアが

トータル10~990点であるのに対し、

「TOEFL」は

リスニング0~30点

リーディング0~30点

スピーキング0~30点

ライティング0~30点

トータル0~120点

となっています。

 

なお、

アメリカの大学への留学を想定した場合、

学部留学に最低61点

大学院留学に最低80点

トップ大学留学に最低100点

が必要とされています。

 

この為、「TOEFL」のスコアは

130か国10,000以上の機関が

英語能力の証明、推薦入学

奨学金、卒業の基準

として利用しています。

 

さらに、

インターネットの普及に伴い

導入された「TOEFL iBT」

もできています。

スポンサーリンク


「TOEFL」「TOEIC」の値段は?

「TOEFL」の値段は

ドルで支払いをするので、

基本的に円高の時だと相当安くなります。

 

・テスト日の7日前

(通常申込値段)

US$235(約25,850円)

・通常申込以降

US$275(約30,250円)

・テスト申込完了後の変更

US$60(約6,600円)追加

(2018年6月の為替換算)

 

なお、

「TOEIC」プログラムの

受験料については次のとおりです。

・リスニング・リーディングテスト

(一般的なもの)

5,725円(税込)

 

また、

ほとんど知られていないので

受ける人も少ないのですが、

実は「TOEIC」にも

スピーキング・ライティングの

テストもあるんです。

・スピーキング・ライティングテスト 

10,260円(税込)

・スピーキングテスト

6,804円(税込)

・ブリッジテスト

(初・中級者レベル) 

4,320円(税込)

「TOEFL」の受験対策は?

「TOEFL」はすでに述べたとおり、

英語コミュニケーション能力の

リスニング、リーディング

スピーキング、ライティング

の4つの能力を総合的に測るものです。

 

やはり全ての実践能力を評価する

という特殊性から、

受験対策が必要になるでしょう。

 

その受験対策としては

様々な教材がありますが、

悩むなら日本事務局である

国際教育交換協議会(CIEE)

日本代表部の

「TOEFL公式ガイド」が一番でしょう。

 

オンライン講座を受講する場合の値段は、

・公式ガイド

4,980円

・オンライン自主学習講座

6,500円、

・オンライン模試

4,100円

があります。

 

また、次のような

セット教材もあります。

・テスト対策講座セット

11,300円

・テストビギナーズセット

9,120円

・テストバリューパック

8,580円

・テスト過去問10セット

8,680円

・テストスコアアップセット

4,600円

公式教材ショップ

 

これまで見てきたとおり、

実際に「TOEFL」を受験しようとすると

その受験料に加えて

受験対策費用が必要になります。

受験に必要とされる

「平均値段としては3万~5万円」

とあたりでしょう。

 

希望の大学に留学、

仕事のスキルアップなど、

理由は様々と思いますが、

「TOEIC」に比べ比較的高いので

しっかりと対策して臨みましょう。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ