「開催される」の英語は4つ!?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 3 分で読めます。

今回紹介する英語は

「開催される」

 

お祭り、結婚式、パーティー

など幅広く使われる言葉です。

 

しかし、

「開催される」の英語は

様々な言い方があり、

どれを使えば良いのか悩む単語の一つですね。

 

そんな「開催される」の英単語レベルは

英語検定準2級以上、高校2年以上

と大学受験をされる方にも

必須な単語となっています。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「開催される」の英語

についてまとめました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「開催される」の英語は4つ!?

では、まずはどんな種類が

あるのかを見ていきましょう。

 

「開催される」の英単語は

①「be held」(bi héld)

②「hold」(həʊld()

③「take place」(teɪk pleɪs)

④「have」(həv)

あたりと4種類もあります。

 

種類が多いせいで

どれを覚えればいいのか

悩む方が多いと思います。

 

使い方やニュアンスなど、

それぞれの英単語の意味を

見て行きましょう。

スポンサーリンク


「開催される」のネイティブが使う英語は?

①「be held」

「開催される」では

外せないこの英単語。

 

ネイティブが使うという意味では

間違いではないので使るのですが。

 

カジュアルな表現ではないので、

使う頻度がネイティブの方でも

あまり多くないかなと思います。

 

企業や主催者などが使用する場合、

最も適している言葉です。

 

②「hold」

これは①番目の受動態ではない形ですね。

 

意味は「開催する」

というように使えます。

I’m going to hold

a dance party tonight.

(今夜ダンスパーティー開催するんだ。)

というように使えます。

 

③「take place」

この英単語は

「開催される」と直訳されますが、

本来の意味は

「happen」= 起こる

という意味合いを持っている英単語です。

 

The wedding will

take place in September.

(この結婚式は9月に開催される。)

 

つまり、

9月に結婚式が起こります。

 

この本来の単語のイメージを掴んでいれば

The strike did not

take place after all.

(ストライキはやはり起きなかった)

というように使うこともできます。

使える幅も広く、

良く使われる単語なので

ぜひ覚えておきましょう!

 

④「have」

この「have」という英語は、

一番といっても過言ではないほどの

たくさんの意味を持っています。

 

なのでこの単語に対しては、

意味を覚えるのでなく

イメージを掴むことがとても大切です。

 

基本は「持っている」という意味ですが、

それは物だけに限られず、

時間、考え、問題などになります。

 

今回の場合は、

I will have

a dance party tonight.

(今夜ダンスパーティーを開催するんだ)

 

イメージは

「パーティーを持っている」

それが

「パーティーが起こる」

となり、最終的に

「パーティーが開催する」

と訳されます。

 

最後にここまで紹介した中で

ネイティブのよく使うものだけ

覚えて帰って下さいね。

では、その

「開催される」の英語は

③「take place」

です。

 

カジュアルな表現でも使用でき、

使用幅、頻度も非常に高い

かなり使いやすい英語になります。

 

どうでしたか?

 

感覚的に理解しなければいけない

単語もありましたが、

これらの単語ができると

会話の幅が広がるので

できれば復習して身につけましょうね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ