「帰り道」の英語は4つ!?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は「帰り道」

 

日常会話でも

出てくる頻度の高い言葉ですね。

 

そんな「帰り道」の英語は色々あり、

ネイティブの方は一体

どんな英語を

使うのか気になりますね。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「帰り道」の英語

についてまとめました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「帰り道」の英語は4種類!?

「帰り道」の英単語レベルは

英語検定2級以上

とハイレベルな英単語ですので

がんばって覚えましょう。

 

では、お急ぎの方の為に

さっそく見ていきましょう!

 

「帰り道」の英単語は

①「return trip」

(rɪtˈɚːn tríp)

②「on the way home」

(ɑn ðə wéɪ hoʊm)

③「on one’s way home」

(ɑn w`ʌnz wéɪ hoʊm)

④「route of return」

(rúːt (ə)v rɪtˈɚːn)

あたりと4種類もあります。

 

こんなにたくさんあるので

迷う方もいると思いますが、

この中にネイティブの方が

頻繁に使うものが

含まれているので安心してください。

スポンサーリンク


「帰り道」のネイティブが使うの英語は?

①「return trip」

これは「帰り道」

という意味で使えますが、

会社や学校から帰るというより

旅行や遠くから帰るときに使います。

 

・return:帰る、戻る

・trip:旅行

という単語が使われてますからね。

 

②「on the way home」

これは③番目と似ていますよね。

 

これは

「on the way home」

でなく

「on the way」

でも使えます。

 

シンプルで分かりやすく、

使いやすいですね。

 

③「on one’s way home」

これは本当に頻繁に使います。

 

親から何時に帰ってくるのか

聞かれた時や

友達からいつ来るのか

聞かれた時などに使えます。

 

こちらも先程同様、

「on one’s way home」

でなく

「on one’s way」

でも通じます。

 

ちなみに、

「one’s」というのは

人称代名詞のことになります。

 

自分のことなら「my」

彼女なら「her」

彼なら「his」

というように変わります。

 

流れで分かるメッセージだと

省略されて

「omw」(on my way)

というように

一言で表現することもできます。

 

④「route of return」

・route:道、道筋

・return:帰る、戻る

というように、

直訳すれば「「帰り道」」となります。

 

しかし、

これは正直使われているところを

見たことがありません。

 

日常会話では滅多に使われないでしょう。

 

つまり、ネイティブが使う

「帰り道」の英語は

「on the way」

「on my way」

になります。

 

この2つは同じように見えますよね。

 

人によっては

この2つは違うという方もいますが、

ほぼほぼ同じ意味なので

どちらを使ったからといって間違いを

指摘されることはないでしょう。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ