「梅干し」の英語は4種類!?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は「梅干し」

 

日本の伝統的な食べ物ですが、

英語だとどうなんでしょうか?

 

そんな「梅干し」の英単語レベルは

英語検定1級以上

とかなりハイレベルです。

 

また、

「梅干し」には何種類か単語があり、

どれを使うか悩みます。

 

そこで今回は

ネイティブが使う「梅干し」の英語

をまとめました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「梅干し」の英語は4種類!?

では、

さっそくどんなものがあるか

見ていきましょう!

 

「梅干し」の英単語は

①「pickled plum」

(pɪ́kəld plˈʌm)

②「salt plum」

(sˈɔːlt plˈʌm)

③「Japanese pickled apricot」

(dʒ`æpəníːz æprəkὰt plˈʌm)

④「umeboshi」

あたりと4種類もあります。

 

色々種類があるように見えますが、

どれも同じ「梅干し」を指すので

どれか一つを覚えれば大丈夫です。

 

その一つをネイティブが

よく使うという観点で

ご紹介していきます。

スポンサーリンク


「梅干し」のネイティブが使う英語は?

①「pickled plum」

・pickled:塩漬け

・plum:梅

この組み合わせでそのまま

「梅干し」となります。

 

ただ、他の国にも

「梅干し」に近いものが

あるかもしれないので

頭に「Japanese」

とつけてあげた方が

親切かもしれません。

 

・Japanese pickled plum

(日本の「梅干し」)

というような感じです。

 

②「salt plum」

・salt:塩

という意味ですよね?

 

しかし、

「salt」は塩だけでなく、

「塩漬け」とも訳すことができます。

 

つまり、

「salt plum」で

「梅干し」となります。

 

ただし、

やはりこの英単語も

「Japanese」と頭につけたほうが

聞き手にとって分かりやすいでしょう。

 

③「Japanese pickled apricot」

・apricot:アプリコット、アンズ

という意味です。

 

梅ではないので、

日本人の方からすると

全然違うように感じますが、

「plum」と「apricot」は

とても似たものです。

海外の人だと、

『これは「apricot」だよ』

という人もいるようです。

 

なので

覚えて置いて損はないですね。

 

④「Umeboshi」

これは完全にそのまま

「梅干し」ですよね。

 

こんなの通じないだろ!

と思うかもしれません。

 

しかし、

「Sushi」が寿司と通じるように

日本の文化が広まるにつれて、

「Umeboshi」

も少しづつ認知されています。

 

なので、日本人が多い地域だと

Umeboshiで通じると思います。

 

では、最後にこの中で

ネイティブが使うのは

どれでしょうか?

それは

①「pickled plum」

がネイティブの一番

よく使う英単語です。

 

「梅干し」で最も一般的に

使われている単語です。

 

今回は似た単語の

組み合わせの違いなので

できれば全部覚えてほしいですが、

ひとまず

①「pickled plum」

だけでも覚えて帰ってくださいね。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ