「気分屋」の英語は4つ!?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は「気分屋」

 

気分屋の英単語レベルは

英語検定準1級以上

とハイレベルの単語になります。

 

日本人より海外の人の方が

「気分屋」が多いです。

 

なので、

海外に行くと使う機会も多いです。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「気分屋」の英語

についてまとめました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「気分屋」の英語は4つある!?

気分屋の英単語は

①「moody」

(múːdi)

②「spontaneous」

(spɑntéɪniəs)

③「selfish」

(sélfɪʃ)

④「temperamental」

(tèmp(ə)rəménṭl)

あたりと4種類もあります。

 

4種類もありますが、

「気分屋」と同じ意味で使えるのは

あまりありません。

 

では、

ネイティブの方は

どういう意味で使うのか見てみましょう。

スポンサーリンク


「気分屋」のネイティブが使う英語は?

それぞれの使い方を説明していきます。

①「moody」

この単語は、

直訳で「気分屋」と訳せます。

 

例文で見てみましょう。

 

You are very moody.

(あなたはとても気分屋だね)

と言うように使うことができます。

 

ですが、この単語は

「不機嫌な」「ふさぎ込んだ」

といった意味も持っているので

マイナスな意味での「気分屋」

という印象を与えます。

 

気分屋にも

ニュアンスがあるんですね。

 

②「spontaneous」

これは気分屋にすごい近いですが、

「予想外なことをする人」

というニュアンスで使います。

 

また、

思いつくと次をあまり考えずに

行動してしまう人のことを指します。

 

③「selfish」

これは「自己中心的」

というニュアンスになります。

 

意味は違いますが、日本語で

「気分屋だね」

と使う時、その裏には少し

「自己中心的だね」

という意味合いを含む時が

ありますよね。

 

④「temperamental」

なにやら、

長くて難しそうな単語ですね。

 

この単語は「moody」と

よく似た意味を持ちます。

実はネイティブの間でも

よく間違われる単語のひとつです。

 

ただこちらの単語には

マイナスのイメージがあまりなく、

人物の紹介などで使われるケースが多いです。

 

では、この中で
ネイティブの方が使う

「気分屋」はどれでしょうか?

「気分屋」のネイティブが使う英語は?

④番目が正解なんではないか

と思われる方もいるかと思います。

 

しかし、

・ネイティブの方が使う頻度が高い

・日本人の方が発音しやすい

・日本語と同じような感覚で使える

といった点から、バランスを考え

ネイティブが使う「気分屋」の英語は

①「moody」

を正解とします。

 

どうでしたか?

 

今回は色んなニュアンスの違いも学べたと思います。

 

一つの英語から広げると

ボキャブラリーがどんどん増えるので、

全部覚えてしまいましょうね!
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ