「誓う」の英語は5つ!?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は「誓う」

 

「誓う」の英単語レベルは

英語検定準2級以上

と少しハイレベルになります。

 

そしてこの英語は表現方法も様々なので、

どれを使ったらいいか?

と悩む単語でもあります。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「「誓う」」の英語

についてまとめました。

 

では、

さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「誓う」の英語は5つある!?

「誓う」の英単語は

①「swear」

(swéɚ)

②「have my word」

(həv mɑɪ wˈɚːd)

③「promise」

(prάmɪs)

④「guarante」

(g`ærəntíː)

⑤「vow」

(vάʊ)

あたりと5種類もあります。

 

こんなにも種類のある単語を

ネイティブの方はどのように

使い分けているのか分かりませんね。

 

では、

順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク


「誓う」の5つの英語の意味は?

①「swear」

この「誓う」は重い誓いになります。

 

友達同士でも使いますが、

この誓いを破ると

あまり信用されなくなります。

 

それくらい強い約束なので、

注意してください。

 

他の英単語と違い、

宗教の場でも使われます。

 

神に「誓う」ときに

使う言葉でもあるので

軽い言葉ではありません。

 

②「have my word」

この使い方は、

・You have my word.

(約束するよ)

というように使えます。

 

直訳だと

「あなたは私の言葉を持つ」です。

 

このフレーズの成り立ちを

簡単に説明しましょう。

 

まず、誓いや約束は

相手や対象物にすることなので

自分の誓い(言葉)を相手に渡します。

 

そして、

それを持っている状態が

誓いや約束が交わされた

ということから

「You have my word」

が「約束するよ」となります。

 

③「promise」

これもよく使われる単語の一つ。

「swear」より

軽い誓いの時に使います。

 

日本人の方は、

カタカナ英語でも使うことから

使用頻度が高いように思います。

 

もちろん、

ネイティブの方もよく使うので

オススメの英単語のひとつです。

 

④「guarantee」

この単語は「誓う」

といった意味合いもありますが、

「保証する」というように

使われることが多いです。

 

「この商品は1年間保証します」

と言ったように

何かを保証するときに使います。

 

⑤「vow」

フォーマルな場で使われることが

多い英単語になります。

 

例えば、

結婚式で新郎新婦が誓い合う時に

「I vow 〇〇〇」

(〇〇〇を誓います。)

と使われます。

 

「誓う」のネイティブが使う英語は?

このように色々な種類の

英単語がありましたが、

ネイティブが使う「誓う」の

英語は①「swear」

にしたいと思います。

 

理由は「誓う」という言葉自体が

約束より重いので、

「promise」より

適しているということ。

 

そして、ネイティブの間でも

頻繁に使われるので

「swear」に決定しました。

 

どうでしたか?

「誓う」という言葉は

海外ではよく使われ、

重いものなので慎重に使ってくださいね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ