「宇宙飛行士」の英語は4つ?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は「宇宙飛行士」

 

この「宇宙飛行士」の英語には

カジュアルな表現から

公な場で使える表現まであります。

 

さらに、

国によっても呼び名が違うので

どれを使えば悩む単語の一つです。

 

宇宙飛行士の英単語レベルは

英語検定2級以上

とハイレベルになります。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「宇宙飛行士」の英語

についてまとめました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「宇宙飛行士」の英語は4つ?

では、さっそく

どんな英単語があるか見て行きましょう。

 

宇宙飛行士の英単語は

①「spaceman」

(speɪs mˈæn)

②「space cadet」

(speɪs kədét)

③「astronaut」

(ˈæstrən`ɔːt )

④「cosmonaut」

(kάzmən`ɔːt)

あたりと4種類もあります。

 

これのせいで

どれを覚えればいいのか悩む方も

多いと思います。

 

では、

それぞれの意味を見ていきましょう!

スポンサーリンク


「宇宙飛行士」の4つの英語の意味は?

①「spaceman」

・space:宇宙

・man:人

という単純な英単語で出来ていて

子供や若い方が使う

頻度が高い単語になっています。

 

カタカナ読みで「スペースマン」

 

スーパーマンみたいで覚えやすいですね。

 

とても覚えやすいので、

日常会話がメインで英語勉強してる方は

これを覚えてしまっても

いいかもしれませんね。

 

②「space cadet」

これも宇宙飛行士を指しますが、

・cadet:見習い、候補生

なので、意味合い的には

宇宙飛行士の見習いの人や

若い宇宙飛行士を指すようです。

なので、

ベテランの宇宙飛行士には使いません。

 

③「astronaut」

この英単語はカジュアルな場でも、

公の場でも使えます。

 

特にアメリカでは

この英単語が主に使われています。

 

④「cosmonaut」

これも意味は宇宙飛行士ですが、

アメリカではあまり使われず、

ロシアでよく使われる単語です。

 

逆に、

ロシアでは「astronaut」は

あまり使われません。

「宇宙飛行士」の4つの英語でネイティブが使うのは?

①「spaceman」

②「space cadet」

③「astronaut」

④「cosmonaut」

この中でネイティブが使う

宇宙飛行士の英語は

③「astronaut」

(アストロノート)

でしょう。

 

この英語は国によっても

違う英単語が使われましたね。

 

英語検定の取得を考えている方だったら、

出題されるのは「astronaut」なので

これさえ覚えておけば問題ないでしょう。

 

余談ですが、

日本でも有名になった「宇宙兄弟」

英語名で「Space Brothers」

と言います。

 

海外では主にアニメで知られていますね。

 

どうでしたか?

宇宙の開発への投資はどんどん行われています。

 

こういった英語を使う機会は

増えていくと思いますので、

ぜひ覚えて帰ってくださいね!
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ