「雨上がり」の英語は3つ?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は「雨上がり」

 

この表現の英単語レベルは

それほど高くありません。

 

中学卒業までの英単語レベルがあれば

簡単に思いつく単語だと思います。

 

今回はそんな

ネイティブが使う「雨上がり」の英語

についてまとめました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「雨上がり」の英語は3つあった!?

「雨上がり」の英単語は

①「after the rain」

②「after a rain」

③「rain let up」

と3つの候補があります。

 

ここで

①「after the rain」

②「after a rain」

の2つがほとんど同じように

見えますよね?

 

でも、冠詞が違います。

 

冠詞って何?

習ったけどイマイチ分からないって方、

大丈夫です。

 

もともと、日本語にはない表現方法なので、

ピンとこないのも無理はありません。

 

では、

それぞれの意味を見ていきましょう。

「雨上がり」の3つの英語の意味は?

①「after the rain」

②「after a rain」

を簡単に説明すると

「the」は特定したもので

「a」はそうでないものです。

 

例文を見た方が分かりやすいと思うので

例文を紹介します。

 

まずは、①「After the rain」

と聞くとネイティブの人は

思い出深い雨の日を連想します。

 

例えば、

I remember the day

that we saw a rainbow

after the rain.

「あの日私たちが雨上がりに見た

虹を覚えているよ」

となります。

 

この場合は雨が印象的で、

特別な思い入れのある雨

という印象がこの文章から取れます。

 

逆に、②「After a rain」

I usually go out with

my friends after a rain.

「私は普段、雨上がりに

友達たちと出かけます」

となります。

 

これを見ると、

雨が降ること自体は

特別視してないように取れます。

 

最後に

③「rain let up」

の英語も見ていきましょう。

 

これは雨は降ってくるものですよね?

 

だから、雨が降ってこなくなること

というニュアンスで「up」が使われます。

スポンサーリンク


「雨上がり」のネイティブが使う英語は?

どれも「雨上がり」として使えますが、

ネイティブはletという英単語を

よく使うのでおさえておきたいですね。

 

ただ、

この英単語に関しては少し回りくどいので、

ネイティブの使う雨上がりの英語は

①「after the rain」

②「after a rain」

がシンプルで伝わりやすく

この二つが多いでしょう。

 

どうでしょう?

「雨上がり」の英語の違いが分かりましたか。

 

正直、「雨上がり」という英語よりは

「the」「a」の使い方の方が

難しかったと思います。

 

現地で話していると、

この辺の小さいミスはあまり気にされないので

失敗を恐れず使っていきましょう。

映画「恋は雨上がりのように」の英語は?

最後に少し余談ですが、

最近話題になっていた映画

小松菜奈と大泉洋 共演の

「恋は雨上がりのように」

この英語名は

「After The Rain」ですよ。

 

思い出深い雨をなので、

当然こっちの英語を使います。

 

映画や原作のアニメを

英語で楽しむと上達も早いのでお勧めですよ。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ