「緊急事態」の英語は5つ?ネイティブが使うのはどれ?


この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する英語は「緊急事態」

 

緊急事態の英単語レベルは

英語検定準2級、

と少しハイレベルになります。

 

「緊急事態」の英語は使われる現場によって

特別な言い回しがあったりするので

わかりにくいですが、

命に関わる言葉なので

しっかり覚えていきましょう。

 

では、さっそく

ネイティブが使う「緊急事態」の英語

について紹介していきます。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「緊急事態」の英語は5つあった!?


「緊急事態」の英単語は

①「emergency」

(ɪmˈɚːdʒəns)

②「emergency situation」

(ɪmˈɚːdʒəns sìtʃuéɪʃən)

③「code blue」

(kˈəʊd blúː)

④「warning」

(kˈəʊd blúː)

⑤「caution」

(kˈɔːʃən)

と5つの候補があります。

 

では、まずは

それぞれの意味を見ていきましょう。

スポンサーリンク


「緊急事態」の5つの英語の意味は?

まず、

①番目の

「emergency」

②番目の

「emergency situation」

の意味はほとんど一緒です。

 

これは直訳で

「緊急」という意味ですが、

そのまま「緊急事態」とも訳せます。

 

例文

Prepare for

an emergency!

(訳:緊急事態に備えて)

というように

「emergency」だけで使えます。

 

そもそも、

日本語でも「緊急」と「緊急事態」

は同じような意味合いで使いますよね。

それと感覚的に同じです。

 

もちろん、②番目をさっきの

例文に入れることも可能です。

Prepare for

an emergency situation!

(訳:緊急事態に備えて)

のように。

 

ですが、緊急事態の時こそ

短く簡潔に伝わる言葉の方が良いのですね。

 

では、続いて③番目の

「code blue」を説明をします。

 

これはカタカナ英語で

「コードブルー」です。

 

どっかで聞いたことありますよね?

 

そうです!

山下智久さん主演の

「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」

です!

感動ありの医療ヒューマンドラマで

私も大好きです。

 

この「code blue」は

緊急事態と言う意味なんですが、

その背景には

「心臓や呼吸が停止するなどの、

日常生活において命に関わる緊急事態」

という意味合いがあります。

 

まさに、

ドラマのタイトル通りですね。

 

残りの

④「warning」は「警告」「注意」

⑤「caution」は「用心」「警戒」

という意味です。

 

場合によっては緊急事態と

とらえることもありますが、

むしろ緊急事態が起こる前に

警告するといったニュアンスですね。

 

つまり、

「緊急事態」のネイティブが使う英語

①「emergency」

 

緊急時には、

周りに「EMERGENCY!!」

と言えるようにしっかり覚えておきましょう。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ