「キリン」の英語は?ネイティブ発音にはコツがあった!


この記事は約 2 分で読めます。

動物園に行ったり図鑑を見ると、

動物の英語表記が必ず書いてあります。

 

私たちにとって身近な動物と言えば、

犬、猫、ウサギ、鳥などでしょうか?

 

動物園に行くと、

ゾウ、ライオンなどもいますね。

 

では、同じくらい有名な

「キリン」は英語で何というかご存知ですか?

 

今回はキリンその他の間違いやすい

動物の英語やその発音をまとめました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

「キリン」の英語は?

「ライオン」“Lion”

「カンガルー」”kangaroo“

などの動物のように、

日本語読みが英語の発音そのままの

動物はわかりやすいですよね?

 

しかし、

日本語読みと英語が違う動物は

パッと思い浮かばないものです。

 

キリンもそんな動物の一つで、

「キリン」の英語は「Giraffe」

と書きます。

 

なかなか耳慣れない言葉ですね。

 

そして実はこの英語、

日本人が発音を間違いやすい英語なんです。

スポンサーリンク


「キリン」のネイティブ英語発音のコツは?

「キリン」の発音記号は「dʒərˈæf」です。

 

日本人はほとんど

「ジラフ」と発音してしまいます。

 

実はこれが間違いなんです。

 

「dʒ」(破裂音)の発音記号を

「ʒ」(摩擦音)

で言ってしまいがちです。

 

しかし安心して下さい、

これは簡単にネイティブの発音に

変えることができます。

 

「ジラフ」ではなく、

「ジェラフ」と言うとネイティブ発音になります。

 

後もう一つ、

アクセントは「ラ」の部分なので

これだけ気をつければ

完璧な発音となるでしょう。

間違いやすい動物の英語5選!

日本語読みと英語の発音が違うものには、

他にはこんな動物もいます。

 

①「シカ」

“Deer”

【díɚ】「ディア」

と読みます。

 

シカの中でも、

牡鹿は“Buk”【bˈʌk】

「バック」

牝鹿は”Doe“【dˈəʊ】

「ドウ」と読みます。

 

②「サイ」

“Rhinoceros”

【rɑɪnάs(ə)rəs】

「ライノセロス」と読みます。

 

日本語とは全く違いますね。

 

諸説ありますが、サイは元々

中国から来た動物

だと言われているようです。

 

③「カバ」

“Hippopotamus”

【hìpəpάṭəməs】

「ヒポポタマス」と読みます。

 

あまりにも日本語とかけ離れているので、

「ヒポポタマス」と英語で言われても

「カバ」だとはわかりにくいですね。

 

学名がそのまま名称になっています。

 

④「イノシシ」

“Boar”

【bˈɔɚ】「ボア」と読みます。

こちらも全く日ごろ耳にしない発音です。

 

“Wild boar”とも表記し、

どちらも同じイノシシを表します。

 

⑤「ヤギ」

“Goat”【góʊt】

「ゴート」と読みます。

 

「雄ヤギ」は

“Billy goat”「ビリーゴート」

「雌ヤギ」は

“Nanny goat”「ナニ―ゴート」

と言います。

 

実は生け贄を意味する

「スケープゴート」の「ゴート」は、

このヤギのこと。

 

いかがでしたか?

 

日本語では中々なじみのない

動物を覚えるのは大変ですが、

海外に行って日本語名で話しかけても通じません。

 

日本でも小さな子どもが読む本には

動物がたくさん出てくるように、

英語で書かれた小さな子ども用の絵本を

見てみるととても勉強になりますよ。

 

ぜひ様々な方法で英語に触れて

勉強してみてくださいね。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ