「ゴルフ場」の英語は?ゴルフでよく使うフレーズ5選!


この記事は約 2 分で読めます。

ゴルフが好きの人の中には、

海外のゴルフ場もよく利用する人も多くいます。

 

ハワイのゴルフ場などは気持ちよく晴れ、

日本とは違う空気の中でできるので

人気がありますね。

 

東南アジアではとても安くプレーできたり、

国によって魅力も様々です。

 

プレーについても日本と違うところもあり、

海外でゴルフをする時には

覚えておきたいフレーズもあります。

今回はそんなゴルフ場の英語や

ゴルフで使える英語フレーズを

紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事!
「東京都」の英語は7つ!?

ゴルフ場でよく使う英語5選!

まずは、ゴルフ場でよく使われる

フレーズについても覚えておきましょう。

 

①“Good shot!”

相手がいいショットを打った時に言います。

 

日本では「ナイスショット!」と声を掛けますが、

英語では“Nice”は使わず

”Good”“Excellent”

を使って相手のショットをたたえます。

 

②“Good approach !”

“Approach”【əpróʊtʃ】は

「近づく、接近する」という意味です。

 

日本語では「ナイスオン」と言いますが、

英語では言いませんので気を付けましょう。

 

「ナイスオン」のほかにも、

「ナイスイン!」“Good putt ”

「ナイスバーディー」“Good birdie !”

など、英語ではナイスを使わない場合があります。

 

③“Closest to the pin”

“Closest”は”Close“の最上級です。

 

一番ピンに近い「ニアピン」
という意味ですね。

 

「ニアピン賞」なんてものがありますが、

実はニアピンは和製英語ですので

海外では通じません。

 

④“Duffed shot”

「ダフリ」という意味ですね。

 

“Duff”【dˈʌf】とは

「役に立たない、打ち損ねる」と言う意味です。

 

⑤“Hit it into the water”

いわゆる「池ポチャ」です。

直訳すると「池の中に打つ」ですね。

スポンサーリンク


「ゴルフ場」の英語は?

「ゴルフ場」は

英語で“Golf course”

と言います。

 

日本でも「ゴルフコース」

と言うことがあるので簡単に覚えれますね。

 

そんなゴルフ場を予約をするときは、

こんな風に言いましょう。

 

「もしもし。明日そちらで

プレーの予約をしたいのですが」

“Hello.

Can I make a reservation

to play a round

on your course tomorrow?”

 

“make a reservation”は

「予約をする」と言う意味です。

 

“to~”を付けることで

「~をするための予約」となります。

 

レストランやバーに予約を

するときにも使えますので、

覚えておきましょう。

 

いかがでしたか?

 

ゴルフが好きな方は、海外に行って

ゴルフをすることも多いでしょう。

 

英語を使ってプレーすることができると、

楽しみも多くなりますよね。

 

ぜひ今回ご紹介した英語を使って、

ゴルフを楽しんで下さいね。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ